『X-MEN』、ディズニーでリブートが濃厚か - FOX副会長が新たなキャストについても言及

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

20世紀FOXの買収を終えたディズニー社は、着実に新たなステージを歩みを進めようとしています。その中でもマーベル・スタジオが展開するMCUシリーズには、FOXが所有していた『X-MEN』『ファンタスティックフォー』を迎え入れる準備をしています。

『X-MEN』はMCUシリーズよりも早く2000年からシリーズがスタートしており、アメコミ映画というジャンルを盛り上げた立役者になりました。2019年には最新作『X-MEN:ダークフェニックス』の公開を控えています。

ファンはX-MENがMCUシリーズに参戦する場合、どのように作品同士を融合していくのか疑問に思っていることでしょう。

海外のニュースによると、『X-MEN』シリーズは新たなキャストによるリブートの可能性が示唆されています。

X-MENは新たな世界でリブートか?

海外メディアは、20世紀FOXn副会長であるエマ・ワッツ氏にインタビューをし、『X-MEN』がMCUに参戦した場合にキャストが一新される可能性をコメントしました。

Fox Exec Teases 'X-Men: Dark Phoenix' Is the End of the Franchise Before Disney Relaunch

ワッツ氏は現在続いている『X-MEN』シリーズが終了することをにおわしながら、MCUシリーズに参戦する場合は新たなキャストによる製作が行われることをコメントしています。

一部のファンにとっては残念なお知らせだと思われますが、『ダークフェニックス』のサイモン・キンバーグ監督は今作をシリーズの最終作であるという位置づけで製作していることをインタビューで明かしていました。それもFOXがディズニーに買収されるといった動きがある前からそのように構想していたといいます。

10年以上続く二つの人気シリーズを今から矛盾なく合流させるのは至難の業であることは目に見えています。ただファンにとって劇場ぼスクリーンでアベンジャーズとX-MENが共演することを夢であったことは間違いありません。

ある意味”生みの苦しみ”として今の『X-MEN』とは別れを告げ、新たに生まれ変わるミュータントたちの活躍を見るのは、それはそれで楽しみではあります。

ちなみにライアン・レイノルズ主演の『デッドプール』に関してはディズニー傘下でも引き続きシリーズが継続されることをコメントしています。デッドプールに関してはもともと自由度の高い作品でもあるので、後々MCUシリーズに参戦してくる可能性は十分考えられますね。

『X-MEN』シリーズの集大成である『X-MEN:ダークフェニックス』は2019年6月21日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!