『X-MEN:ダークフェニックス』の写真が公開!ダークフェニックスの姿やミスティークの姿も!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

FRC フィギュアレビューセンターの管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。たまにアニメも。イベントも。 プロフィールはこちら

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

本日アメリカの雑誌Entertainment Weekly誌から、来年公開のX-MENフィルム最新作『X-MEN:ダークフェニックス』の写真が複数公開!
ダークフェニックスや、ミスティーク、劇中の意味深な写真も公開!

X-Men: Dark Phoenix heats up EW's First Look Issue

覚醒するダークフェニックス、そして葬儀シーン?


EW誌の表紙には、ファイヤーエフェクトでダークフェニックスに目覚めたジーン・グレイ(ソフィー・ターナー)の姿が大きく描かれています。
炎エフェクトと、皮膚にはひび割れも確認できます。

出典:© 2017 Time Inc.

表紙以外にも横から見た姿のダークフェニックスの写真も公開。
憂いのあるような表情から、まだジーンの人格が残っているのか?

ダークフェニックスは2006年公開の映画『X-MEN: ファイナル ディシジョン』にも登場。最終的にウルヴァリンによってとどめを刺され、息絶えています。
今作でのジーンは時間改変後のものなので、再びダークフェニックスが復活することとなりました。

出典:© 2017 Time Inc.

『ダークフェニックス』は、2016年公開の『X-MEN:アポカリプス』から10年後が舞台。
画像にあるように、X-MENたちはX-Jetで宇宙での救出任務中、太陽フレアの影響を受け、ジーンの中の別人格が覚醒するというストーリーです。

コンセプトアートの真ん中あたりには、光りを放つジーンの姿が確認できますね。

出典:© 2017 Time Inc.

またジーン以外にも、ジェニファー・ローレンス演じるミスティークの画像も公開。
『X-MEN:ファーストジェネレーション』から登場しているジェニファー・ローレンスのミスティークですが、特徴的なブルーの色合いが薄めになっていますね。
また額の模様も加わっています。

こちらが『X-MEN:フューチャー・アンド・パスト』のミスティーク。

出典:™ and © 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation.

このミスティークが10年の間による変化によるものなのか、それとも宇宙での任務に合わせたものなのかは不明ですね。
個人的にはこっちの方が可愛く見えるので、いいのですがね笑

出典:© 2017 Time Inc.

最後はこちらの葬儀だと思われるシーン
全員が喪服と黒い傘をさしており、明らかに仲間の死を悼んでいるように見えます。

写真にはチャールズ・エグゼビア/プロフェッサーX、真ん中奥がナイトクローラー、右端がストームだと思われます。
唯一背を向けているのが、ビーストなのかサイクロップスなのかは不明

もしこれがX-MENのメンバーの死ならば、候補としてクイックシルバー、ミスティーク、サイクロップス、ビースト、マグニートーが考えられます。
もちろんこの候補はただ単に写真にいないとうだけの理由なので、根拠には非常に乏しいです。

ただ、今作は今までのシリーズの中で暗いトーンで描かれることも判明しています。
仲間の死はそれを意味する重要なポイントだと思います。

一体どんなストーリーになるのか・・・。

『X-MEN:ダークフェニックス』は2018年11月2日に全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

オススメ記事


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!

あわせて読みたい