20世紀FOXが今後4年間の”マーベル映画”の公開予定を発表!X-MENか?ファンタスティック・フォーか?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

マーベルの作品のいくつかの映画化の権利を所有する20世紀FOX。

そんな20世紀FOXが今後数年間に公開が予定されているマーベル関連映画の予定を発表しました!

見たことのある作品の中、”無題”の作品がなんと7つラインナップしています!かなりのハイスピードですね!

  • ニューミュータンツ – 2018年4月13日
  • デッドプール2 – 2018年6月1日
  • X-Men:ダークフェニックス – 2019年2月14日
  • 無題のマーベル映画 – 2019年2月14日
  • 無題のマーベル映画 – 2019年6月7日
  • 無題のマーベル映画 – 2019年11月22日
  • 無題のマーベル映画 – 2020年3月13日
  • 無題のマーベル映画 – 2020年6月26日
  • 無題のマーベル映画 – 2020年10月2日
  • 無題のマーベル映画 – 2021年3月5日

2020年までは年に3作というハイスピード。
一覧を見るとタイトルが判明しているのは上の3作品のみですね。

どの映画も現在制作中となっています。


また2019年以降の無題の作品たちも気になりますね。
20世紀FOXが所有する権利を考えるとおそらくX-MEN関連作品が多数を占めると思われます。

X-MENにはこのほかにも『ガンビット』『デッドプール3』『X-FORCE』なんて作品の映画化も噂されています。
また『ローガン』に登場したウルヴァリンのクローンX-23が主人公の映画が作られる可能性もあります。

これがすべて映画化するとなると残りの無題は3作品。
なかには以前子供向けとしてリブートされると噂のあったファンタスティック・フォーの映画も入ってくる可能性がありますよね。

このファンタスティック・フォーでも複数作品公開するってこのともあり得ます。

どちらにしても20世紀FOXだけでここまでマーベル映画を楽しめるなんてたまらないですよね!
マーベル・スタジオが制作すMCUシリーズも合わせれば1年で何作品もマーベル映画を楽しむことができます。

毎年毎年楽しみが増えて僕は嬉しい限りです!!!!

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です