『ワンダーウーマン』監督、3作目&スピンオフ映画を計画中 - アマゾネスたちが主人公に

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックスの人気女性ヒーローであるワンダーウーマンは、2020年に待望の続編『ワンダーウーマン1984』が公開される予定だ。

前作の第一次世界大戦から時はたち、1984年のアメリカが舞台となる今作は、『バットマンVSスーパーマン:ジャスティスの誕生』で世界の表舞台に登場する前の彼女の活躍を描く。

まだ映画の公開はされていないが、監督によると早くも続編やスピンオフの構想があることを明かした。

アマゾネスが主人公の映画も

『ワンダーウーマン1984』でメガホンをとったパティ・ジェンキンス監督は、海外メディアのトータルフィルムマガジンの取材に対して、すでにシリーズ3作目とスピンオフの構想があることをコメントした。

Patty Jenkins on Wonder Woman 3 and The Amazonians spin-off: “There’s an arc that I have in mind”

『この映画が公開されるまでは、今持っている新鮮なアイディアを全て打ち明けるつもりはありません。口の中をまっさらな状態するようい、心から新鮮な気持ちになりたいのです。しかし、そうですねぇ、、、最初の映画、2作目、アマゾネスの映画、3作目の映画について考えていることはありますよ』

今は『ワンダーウーマン1984』に集中したいからという理由で、今後の展望については明かさなかったジェンキンス監督。
しかしすでに3作目とアマゾネスたちのスピンオフ映画については考え中であることはコメントしてくれた。

アマゾネスをに焦点を当てたスピンオフ映画については以前からもその噂があり、もし公開するとなるとワンダーウーマンの3作目よりも先になる構想とのこと。また監督に関しても彼女ではなく、別の監督を立てると別のインタビューで明かしていた。

3作目に関する内容は大きく判明しておらず、時系列も再び過去になるのかもわかっていない。しかし少なくとも2作ともが『BvS』との直接的な繋がりを持ったまま展開されている。3作目が再び過去の話になるとしても同様の時間軸のストーリーになる可能性は高い。

逆に『ジャスティスリーグ』よりも後の活躍となれば、DCEUシリーズに大きなテコ入れがされた後の可能性もある。

いずれにしても『ワンダーウーマン3』に関しては全くの未知数だ。

最新作『ワンダーウーマン1984』は当初6月12日に公開を予定していたが、現在は延期され8月14日に全米公開を控えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です