『ワンダーウーマン1984』米国で12/25にHBO Maxで配信リリースへ - 日本公開は12/18に前倒しへ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCコミックスとしての最大の意欲作であり、2020年に唯一年内の公開日を控えている映画『ワンダーウーマン1984』。
新型コロナウイルスの影響によって幾度もの公開延期をしてきた今作だが、ついに大きな決断がされた。

HBO Max未リリースの国は劇場のみ?

ワーナーブラザースは、DCコミックス最新映画『ワンダーウーマン1984』を劇場とHBO Maxの同時リリースを行うことを複数の海外メディアが報じている。

Wonder Woman 1984 Releasing in Theaters And HBO Max on December 25

スケジュールは映画公開日の12月25日にHBO Maxで配信リリースされる予定。その約2週間前の12月16日に劇場での公開を迎えることになっている。そのため劇場公開日としては前倒しになった形だ。
ただしHBO Maxが展開されている米国などでは公開日を変更することなく、同時リリースになるとのことだ。

そして日本での公開は12月18日(金)になることが決定した。

8月にはウォルト・ディズニー社が実写版『ムーラン』を劇場公開することなく、Disney+ (ディズニープラス)でのプレミアム配信という形に踏み切られたことに、多くの劇場関係者の反発を招いていた。
今回は同時リリースという形でそういった批判を回避する意向もあると考えられる。

このリリースを受けてメガホンをとったパティ・ジェンキンス監督は次のコメントを発表している。

『私たちはファンを愛すると同じように自分たちの映画を愛しているので、この映画がホリデーシーズンに少しの喜びと皆さま全員に恩赦をもたらすことを心から願っています。素晴らしいワークシアターがそれを実現するためにやってきた!そしてそうではないHBO Maxであたなの家の安全な場所で利用できます。皆様、良き休日を。』

パティ・ジェンキンス監督は以前からも劇場リリースにこだわっており、なによりもファンに対する感謝の気持ちを表するためにも劇場での『ワンダーウーマン1984』の公開を目指していた。
今回はネットでの同時リリースという形になり無念の気持ちもあるとは考えられるが、少しでもつらい状況の中で自分たちの映画で楽しんでもらいたいという想いをひしひしと感じることができる。

また主演のガル・ガドットも次のようにコメントをしている。

『時が来ました。私たちはみなこの時がくることを長い間待っていました。この映画を見て、皆さんがどれほど興奮するかはわかりません。簡単な決断ではなく、リリースをこれほど長く待ち続けるとは思っていませんでしたが、私たちの世界をウイルスがすべてを揺るがしました。この映画はこれまでにないほど関連性が高いと感じており、あなたの心に喜び、希望、愛をもたらすことを願っています。「ワンダーウーマン1984」は私たちにとって特別なものであり、皆さんの特別なものになることを願っています。私たちは心と魂を注ぎ込んでいます。なので劇場でみることができ(関係者は安全性を保つ素晴らしい仕事をしています)、そしてあなたの家からHBO Maxで映画を見ることができます。安全を保ち、マスクを着用してください。私たち全員に幸せな休日を!光を輝かせて下さい。』

数か月におよぶ延期の末、2020年に最後にくるアメコミ映画となった『ワンダーウーマン1984』。
日本では現状劇場での公開が想定されているが、今後の動きには注視していく必要はありそうだ。

『ワンダーウーマン1984』は12月18日(金)に公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする