『ワンダーウーマン』アレス役俳優、『ジャスティスリーグ』に出演予定だった ー モーションキャプチャースーツの写真を投稿

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCEUシリーズの1つの集大成映画として公開された『ジャスティスリーグ』は、ご存知の通り当初の計画より大きく変更され、数多くのシーンやキャラクターの登場もカットされていた。その後2021年からは『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』という真の物語を描いた4時間に及ぶ大作が配信されることとなっているが、そこにすら登場していなかったキャラクターが演じる俳優から明らかになった。

『ワンダーウーマン』で戦いの神アレスを演じたデヴィッド・シューリスは、自身のインスタグラムにてモーションキャプチャースーツを着た自身の写真を投稿。
自身が『ジャスティスリーグ』の撮影に参加していたことを明らかにしている。

これが劇場公開の際の撮影なのか、『スナイダーカット』版のために再撮影のものなのかはわかっていないが、いずれにしてもアレスが『ワンダーウーマン』以来の登場を果たすことが予定されていたのがわかるだろう。

なぜカットされてしまったのかはわからないが、アレス自体はワンダーウーマンによって倒されているためにフラッシュバックシーンでの登場になっていたのかもしれないだろう。

残念ながらアレスの活躍をみることができないが、日本でも多くの支持を得ている『ジャスティスリーグ:ザック・スナイダーカット』は現在デジタル版配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする