『ワンダーウーマン1984』の初予告編が初解禁!スティーブ・トレバー再登場や翼のついた新たな鎧も!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DC映画最新作『ワンダーウーマン1984』の初予告編が解禁

1作目の第一次世界大戦の時代から時は流れ、舞台は1984年のアメリカにうつります。

予告冒頭では眼鏡をかけたある女性と仲睦まじく話すダイアナ・プリンス/ワンダーウーマンの姿。

80年代になってもダイアナはワンダーウーマンとして市民を守るために戦い続けている様子も。鎧もどことなく新しくなっているような?

そして1作目のラストでアメリカを守るために自ら猛毒が積まれた戦闘機ごと犠牲を払ったスティーブ・トレバーがダイアナの前に現れる。

感動の再会を果たす2人だが、なぜトレバーは復活することができたのか?
実は生きていたと言っても、明らかに年齢が変わっておらず、矛盾が生じる。果たして彼は本当にトレバーなのか?

予告ラストでは翼のついた新たな鎧を身にまとうワンダーウーマンの姿も。

真実の縄を使ったアクションなど、前作からよりアクションシーンが増えます続編。
ヴィランには予告冒頭に登場した眼鏡の女性がなるチーター。どのように現れる、そしてワンダーウーマンと敵対するのか気になりますねぇ。

今作の予告公開に合わせて、4枚のキャラクター別ポスターが公開。

ペドロ・パスカルが演じるのは、マックスウェル・ロードと呼ばれるマインドコントロールを持つキャラクター。映画ではどのような活躍をするのかも興味深いですね。

2020年のDC映画は他にも3月にマーゴット・ロビー主演で『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』が公開予定。今作と合わせてどちらも女性キャラクターをメインにすえたアメコミ映画となり、DCや製作のワーナー・ブラザースにとっても大きな挑戦とも言える作品になっています。

『ワンダーウーマン1984』は監督に前作同様パティ・ジェンキンスがメガホンを取り、主演にもガル・ガドットが出演。スティーブ・トレバー役にもクリス・パインが出演します。
映画は2020年6月5日に全米公開予定です。

関連記事を読む

コメントをする