『ワンダーウーマン3』製作が監督より明言 ー リンダ・カーターも出演?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズとしてこれまで2作品が公開されてきたガル・ガドット主演の『ワンダーウーマン』シリーズ。
そんな今作の3作目がオンラインイベントのDCFanDome内で行われたパティ・ジェンキンス監督とかつてワンダーウーマンを演じたリンダ・カーターの対談のなかで明らかになった。

Patty Jenkins Confirms Wonder Woman 3 at DC FanDome

二人は3作目の話をしており、そのなかでリンダ・カーター自身も出演する予定のようなコメントをしていた。お互いに『ワンダーウーマン3』が待ちきれないと興奮気味の言及している。

『ワンダーウーマン3』については以前にも製作されることがアナウンスされていたが、今のところ大きな進展がなかったため、現状まだ計画が進行中であることが確認されたことに、ファンとしては安堵の気持ちだ。

リンダ・カーターはかつてドラマ版『ワンダーウーマン』で主演をした女優で、『ワンダーウーマン1984』のポストクレジットシーンでは伝説のアマゾン戦士アステリアとしてカメオ出演したことでも話題になっていた。

3作目はこのアステリアが本格的にストーリーの絡んでくるのだろうか?リンダ・カーターの出演ということで新旧ワンダーウーマンの共演もスクリーンで楽しめるかもしれない。

『ワンダーウーマン』についてはアマゾン戦士のスピンオフドラマの計画もあり、今後も世界観がさらに拡大していきそうだ。

今後『ワンダーウーマン3』に関する新たな情報が入り次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする