『ワンダーウーマン1984』、米国公開日がクリスマスに延期へ - 通算5度目の公開日変更に

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

再び悲しいニュースが入ってきた。

10月に日本でも公開を控えていた、DCコミックス最新映画『ワンダーウーマン1984』の米国公開日が、2020年12月25日のクリスマスに延期されることが明らかになった。

当初の予定日から1年以上の延期

海外メディアのVarietyは、ワーナーブラザース製作映画『ワンダーウーマン1984』が12月25日に延期されることを正式に発表した。

‘Wonder Woman 1984’ Release Date Pushed to Christmas

記事ではワーナー・ブラザース モーションピクチャーグループの会長であるトビー・エメリッヒ氏の声明も掲載されている。

『パティ(監督)は並外れた映画制作者であり、1984年のワンダーウーマンとともに、世界中のあらゆる年齢の映画ファンが愛する、信じられないほどダイナミックな映画を提供してきました。この映画を非常に誇りに思っており、休日に観客に届けることを楽しみにしています。 』

アメリカではクリスマスが祝日になることを受けて、今作は年末商戦に投入されることとなった。
合わせて今作でメガホンをとったパティ・ジェンキンス監督もコメントを発表している。

『何よりもまず、私とガル・ガドットが世界中のワンダーウーマンの熱心なファンをどれだけ愛しているかということえす。そして「WW84」の映画を見ること以上にあなたを興奮させて、幸せにしたりするものはないです。この映画を大画面であなたに提供することがいかに重要であるかを知っているので、少し長く待ってもかまわないことと思っています。クリスマスの新しい日付、私たちはあなたと一緒に休日を過ごすのを待つことができません!』

今のところ米国での公開延期しか報道されていないが、近いうちに日本の公開日も12月ごろに延期されると予想される。

振り返ると『ワンダーウーマン1984』は通算で5回もの公開日変更を経験している。
当初は2019年12月13日に公開される伝えられていたが、ルーカスフィルムの『スターウォーズ:スカイウォーカーの夜明け』とのバッティングを避けるために、11月1日繰り上げされた。しかし同じワーナー・ブラザース製作の『ジョーカー』とのバッティングを避けるため、さらに2020年6月5日(米国)に後ろ倒しされた。

その後は8月12日(米国)、10月2日(米国)へと新型コロナウイルスの影響で延期されてきた。そして5度目はクリスマスに移動と、通算では4度の延期、結局のところ当初の公開日から1年以上の延期をすることになってしまった。公開日変更だけで言えば『ニューミュータンツ』よりも多くなっている。

パンデミックによる延期は不可抗力のため仕方ない部分もあるが、今回の延期に関しては同じワーナー製作の『テネット』の公開日が近いこと、そして興行収入が影響しているともいわれている。
ここでもバッティングを避けるためといわれているが、新たな公開日にはライバルのマーベル・スタジオの『ブラックウィドウ』も近い日付に位置している。

11月上旬とはいえ、半年以上延期された状態で公開される『ブラックウィドウ』の影響は数か月先まで残るとみられる。果たして『ワンダーウーマン1984』を無事に楽しめることはできるのだろうか?
ひとまずは日本でもクリスマスごろまで延期されることを頭に入れながら公開を待つことにしよう。

関連記事を読む

コメントをする