DCドラマ『ワンダーガール』が製作中断に - CWでの放送が断念

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

DCドラマシリーズのアローバースの一部として新規で製作される予定だったドラマ『ワンダーガール』
比較的新しいキャラクターであったワンダーガールを主人公にしたドラマとして、すでにプロデューサーなども決まっていた本作だが、どうやら製作がストップしていまったようだ。

Wonder Girl Not Moving Forward at The CW

今作のプロデューサーであるDailyn Rodriguez氏はSNS上で今回のニュースを共有している。

『いくつかの悲しいニュースがあります。「ワンダーガール」をCWで作ることができなくなりました。私が書いた脚本を非常に誇りに思っています。私が作成した世界を共有できればよかったのですが、残念ながらそれは計画されませんでした。皆さんの熱い応援ありがとうございます。これは私にとって大きな意味がありました。』

今回『ワンダーガール』がキャンセルされてしまった具体的な理由は明らかにされていないが、少なくとも脚本までは書き上げられていたというのは非常にもったいないところだ。

アローバースは『アロー』や『スーパーガール』『ブラックライトニング』などの作品が製作終了し、新たに『スーパーマン&ロイス』や『バットウーマン』シーズン2などの作品もスタートしており、新章へと突入している最中だった。

それだけに新しい作品のキャンセルは残念極まりないだろう。

現状では少なくともCWでは製作されることはないが、今後少しの希望が動き出しそうな情報が入ったらお知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする