ウィレム・デフォー、『スパイダーマン:NWH』の出演を示唆? ー タイトルを言えない作品があることを話す

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年12月に公開を控えているMCUシリーズの『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』では、トム・ホランドのスパイダーマンのほかにトビー・マグワイアやアンドリュー・ガーフィールドの歴代スパイダーマンの登場が長い間噂されている。

それに加えて歴代ヴィランにも注目が集まっており、すでにジェイミー・フォックスのエレクトロとアルフレッド・モリーナのドクターオクトパスのリターンは公式に明らかになっている。

そして最も注目されているグリーンゴブリンを演じたウィレム・デフォーが意味深な発言をしていることに注目が集まっている。

ウィレム・デフォーは2021年に3作品の出演作品がわかっており、非常に忙しい俳優なのだが、そこに4作目となる作品があることをコメント。
タイトルは明かすことはできないが、主に屋内で撮影された作品があると話した。

多くのファンはそれが『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』であると期待してしまう。マーベル・スタジオは多くのCGを多用することによって、観客を様々な場所に連れていってくれるが、ウィレム・デフォーもそのような方法で撮影に参加していた可能性がある。

もちろん推測の域を出ないが、時期的にもやはり彼の発言には気になるところが多々あるため、今後の情報にはぜひとも注目をしていきたいところだ。

スパイダーマンの宿敵であるグリーンゴブリンが再びスクリーンに戻ることはあるのだろうか?『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2021年12月17日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする