『ジョン・ウィック』は本来C・イーストウッドのような75歳の設定だった-当初の脚本が明かされる

この記事を書いた人

さくし

さくし

YouTubeフィギュアレビューなどを上げています/ラジオ ゆとぴのヒーロー界隈談義 サブMC/映画、特撮、デジモン、ヒロアカが好き

Twitter:@sekisakudigimon

Youtube:HuruSaku Channel

いつもご覧いただきありがとうございます。さくし(@sekisakudigimon)です。

キアヌ・リーブスが復讐に燃える伝説の元殺し屋を演じ代表作の1つとなった『ジョン・ウィック』シリーズ。1作目の脚本を務めた脚本家のデレク・コルスタッド氏は、当初は75歳くらいの男性を主人公にする予定だったと海外紙が明かした。

EW(Entertainment Weekly)によると、プロデューサーのバジル・イワニク氏が受け取った原案についてこう語った。

主役は75歳の男性で、引退して25年経っていました。クリント・イーストウッドキックアスを見ているような面白さで、クリント・イーストウッドの活躍を見るのが楽しみでした。クリント・イーストウッド、ハリソン・フォードのイメージ。それ以外は、どうやってこの映画を組み立てたのかよくわかりません。しかし、『ジョン・ウィック』の脚本のトーンは破壊的で、実に楽しいものでした。非常に明確な感情的スルーラインと、アクション映画としての素晴らしい前提を備えていました。”

当時プロヂューサーの中でも注目が集まっていた本作だったが、主演俳優にキアヌ・リーブスの名が挙がり、その後脚本を詰めていったという。その過程を、コルスタッド氏が語った。

“週末はキアヌの家で2ヶ月間、脚本作りに没頭しました。初めて彼に会って、彼の家に入り、彼が角を曲がって私に挨拶したとき、いい家だな、何十億の価値がある男にしては仰々しくないな、と思って彼のオフィスを見たら、机の上に300もの脚本が積まれていました。全部読んでいるんです。そして、金曜日に90分で何かを読んで、「やりたい」と思ったんだと思います。その瞬間、彼に会って本当に意気投合する前に、「ああ、僕も本当にやりたいんだ」と思いました。キアヌが最初に言ったのは、「よし、デレク、35歳を演じよう」でした。それで僕は「いいよ」と言いました。”

柔軟な脚本によって実現し、現在続編の製作が進んでいるジョン・ウィックシリーズ。キアヌが75歳まで演じることができれば、当初の脚本を楽しむことができるのかもしれない。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。