ハルクVSサノス、なぜ『アベンジャーズ/エンドゲーム』では再戦しなかったのか? - ハルクの変化が影響している?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

様々なキャラクターたちの変化があったマーベルスタジオの話題作『アベンジャーズ/エンドゲーム』。前作の『アベンジャーズ/インフィニティウォー』とはまた異なる盛り上がり方を見せていましたが、少々気になる点もあります。

それが前作の冒頭であったハルクVSサノスの再戦。無敗を誇ったハルクがいとも簡単にサノスに打ちのめされるバトルシーンは衝撃でした。

夢の対決ともいえるバトルは『エンドゲーム』で再び見れること心待ちにしていたファンも大勢いました。しかし実際には行われていないのはご存知の通りでしょう。

その理由について今作の脚本家の1人がコメントをしています。

『スマートハルクでなければ再戦していたかも』

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の脚本家の1人であるスティーヴン・マクフィーリー氏は、海外メディアのインタビューのなかで、ファンが待ち望んでいたハルクVSサノスの再戦がなぜ今作で実現しなかったのかを明かしています。

Why a Hulk vs. Thanos Rematch Didn’t Happen in Avengers: Endgame

『バトルにはあらゆる種類のものが存在していました。ハルクとサノスの再戦を熱望しているファンが多くいることも私は知っています。でもブルースがスマートハルクにならなかったら再戦は行われていたでしょう。彼は全く違うものになって、加えてサノスとの対戦は彼を動かすものでもありません。

ブルース・バナーはハルクとの融合によりに、理性と頭脳のあるハルク、通称”スマートハルク”へと変貌を遂げています。
スマートハルクは以前のハルクのように暴走することはなく、常にブルースの落ち着いた理性によってパワーが制御されています。

これは前作でサノスに戦いを挑んだハルクとは別人と言っていいレベルで異なる性格をしています。加えてサノスとの再戦はハルク自身を突き動かすような因縁でもなかったことをマクフィーリー氏がコメントしています。

少々残念な気持ちではありますが、このように言われてしまえば理にかなっているとも言えます。ハルクの変化にはスマートハルク以外にも、レッドハルクへ変貌するアイディアも考えられていたことが別の記事で明かされています。

サノスは『エンドゲーム』の終盤で消滅してしまいましたが、ハルクは今後のMCU作品にも登場してくると思われます。果たしてハルクはどこまで進化していくのでしょうか?

スマートハルクの活躍が見れる『アベンジャーズ/エンドゲーム』のDVD&Blu-rayは2019年9月4日に発売予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です