『WHAT IF…?』、サノスがウルトロンに瞬〇された理由を脚本家が明かす ー 「少し傲慢だった」

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついにフィナーレを迎えたDisney+ (ディズニープラス)配信のマーベルアニメ『WHAT IF…?』
今作の第8話では『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』のもしもの世界を描いており、「もしもウルトロンが勝っていたら?」という最悪のシナリオを描いた物語となっていた。

そこにはサノスも登場するのだが、ヴィジョンの体を得たウルトロンがマインドストーンから射出されるビームを使ってサノスを真っ二つに瞬殺するという、ファンをも驚かす内容が描かれていた。

『WHAT IF…?』の脚本家であるA.C.ブラッドリー氏はこのサノスが瞬殺されてしまった理由について明かしてくれた。

Bryan Andrews & AC Bradley Interview: Marvel’s What If…? Season 1 Finale

『このサノス自体は悪い存在だと思います。そして無限の可能性があることを覚えていくことが重要です。サノスが彼の計画を成し遂げることができなかった宇宙もあれば、悪人ではないサノス、別の方法で敗北したり、ソーに頭を落とされた宇宙もあると確信しています。(中略)今回のサノスはたぶん少し傲慢だったのだと思います事前にどこに向かうかをチェックせず、準備もしていなかった。

様々な可能性がある『WHAT IF…?』ではあるが、第8話のサノスも何かしらのルートをたどってマインドストーン以外のインフィニティストーンを集めていたが、そこまで成功していたサノス自身に油断が生まれたことで、ウルトロンに瞬殺されたと解説した。

文字通りに真っ二つに瞬殺されたサノスの最期に多くのファンは驚きを隠せず、そこからのウルトロンの強大な存在への進化も恐ろしいものだった。マルチバースをも支配しようとするその野望の強さは、実写映画に登場していたらサノス以上の脅威になっていたのだろう。

『WHAT IF…?』はシーズン1がDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中で、今後シーズン2も製作される予定となっている。

関連記事を読む

コメントをする