『WHAT IF…?』、ティ・チャラ スターロードのスピンオフ計画があった ー 「皆がとても興奮していた」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

フィナーレを迎えたMCUの初のアニメシリーズ『WHAT IF…?』
第2話ではワカンダの王子であり、映画ではブラックパンサーとして活躍したティ・チャラが間違ってヨンドゥに誘拐されたことで、ピーター・クイルに変わってスターロードとして活躍するストーリーが描かれていた。

このティ・チャラ スターロードについて、脚本家のA.C.ブラッドリー氏スピンオフシリーズが計画されていたことを明かした。

チャドウィック・ボーズマン氏の死去前に計画

『WHAT IF…?』の脚本家であるA.C.ブラッドリー氏は海外メディアのインタビューのなかで、ティ・チャラ役で昨年に闘病の末この世を去った故チャドウィック・ボーズマンの収録当時のことを振り返ってくれた。

Inside Marvel’s ‘What If…?’ Finale, Season 2 Plans and the T’Challa Spinoff That Never Was

『チャドウィックはティ・チャラのスターロードを早くから収録していました。(中略)そして彼が逝去したのは最後の収録から間もなくだった。たぶん数か月か1か月ぐらいだったと思う。明らかに誰も(闘病していることは)知らなかった。しかし私たちは彼がシーズン1を収録するのに間に合った。ティ・チャラは彼にもとても非常に重要だったので、彼も何とか収録に挑んだのだと思います。またこの新しいスターロードも彼にとって非常に重要でした。』

チャドウィック・ボーズマンにとっても実質最後の仕事といわれている『WHAT IF…?』のティ・チャラ スターロード。闘病によって体力も奪われていた彼は何とか力を振り絞って今作の収録に挑んでいたのだとブラッドリー氏は振り返った。

『彼がこれを知っていたのかはわかりませんが、ティ・チャラ スターロードの単独スピンオフさせる計画がありました。私たちはみな興奮していて、それを阿愛していただろうと思います。ご存知のように彼は去ってしまったので、いまではどうしたらいいかわかりません。

ティ・チャラ スターロードのスピンオフがどこまで進行していたかはわからないが、構想自体は練られていたことをブラッドリー氏は話している。
それが実現する前の突然の訃報だったために、当時どれほどの衝撃だったのかもインタビューの中から伺うことができる。

チャドウィック・ボーズマンが死去して以降はティ・チャラというキャラクターについてはリキャストされることもなく、また俳優をCGによって描くということもされないといわれており、現在撮影中の『ブラックパンサー:ワカンダ・フォーエバー』ではどのようにティ・チャラの不在が扱われるのか注目されている。

『WHAT IF…?』はシーズン1がDisney+ (ディズニープラス)で全話配信中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。