『WHAT IF…?』グッズ使用のプロモーションアートが判明 ー ゾンビキャプテンアメリカなど

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUシリーズの初アニメ作品となる『WHAT IF…?』。もしもの世界を描く作品としてひそかに注目度を上げている今作だが、グッズに使用されるプロモーションアートが複数判明した。

アートにはウォッチャーゾンビキャプテンアメリカ、パーティ・ソーといったものたち。いずれも過去の予告編などから登場が明らかになっているが、パーティ・ソーというものがどういう意味を表しているのかは謎すぎる。パリピなソーであろうか?帽子のつばの裏にこのイラストが使用されているのもどことなくシュールだ。

ゾンビキャプテンアメリカは予告編にてバッキーと対決するシーンなどがあり、どういった経緯でMCU世界にゾンビが現れることになったのかも気になるところ。

また先日判明した今作のポスターにはキルモンガーやブラックウィドウ、ガモーラなどの初めてビジュアルが解禁されたキャラクターたちも確認されていた。

キャプテンブリテンとなったペギー・カーターや、スターロードとなったティ・チャラなどどういった経緯で誕生したのかも気になるものが多く、配信が非常に楽しみな作品だ。

『WHAT IF…?』はDisney+ (ディズニープラス)で2021年夏頃に独占配信予定

関連記事を読む

コメントをする