『ウェアウルフ・バイ・ナイト』はさらなるモンスター登場のきっかけに? ー ハンターの存在も

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズのモンスターホラー作品としてDisney+ (ディズニープラス)で配信予定のスペシャル映画『ウェアウルフ・バイ・ナイト』
狼男を主人公とした作品となっており、予告編では他にも様々な怪物たちが登場することが示唆されていた。

そんな今作は昔からMCU世界にモンスターが存在していたことを明らかにする作品になると、マーベル・スタジオのプロデューサーであるブライアン・ゲイ氏海外メディアのインタビューで明らかにした。

『今回のスペシャルの非常にクールなところのひとつは、MCUのモンスターの一角があらわにされることだと思いますよ。なのでこの作品にはウェアウルフ・バイ・ナイトだけではなく、壁にもモンスターがあります。そのためのアートワークもいくつかあります。これは何世紀にも渡ってマーベル・シネマティック・ユニバースの世界にモンスターが存在し、そのモンスターのハンターによって狩猟されたり、通常の世界に寄せ付けられてこなかったというアイディアにつながっています』

今回の作品ではMCU世界では登場したことのないようなモンスターが数多く登場すると話したゲイ氏。
予告ではウェアウルフ以外にもフランケンらしきキャラクターやマンシングのような姿も確認されている。

これ以外にもどのようなモンスターが登場するのか楽しみであるが、いままでのMCU作品でそのモンスターが姿を現さなかったのも、彼らを狩るハンターの存在があったからだと、辻褄合わせもしっかり行っているところも注目だろう。

このハンターというのがどういった形で描かれるのかはわかっていないが、モンスターたちがメインになるということはハンターたちでも手に負えることができないような事態が発生することは明らかだ。

果たしてMCU世界においてこのモンスターたちがどのような役割を担っていくのだろうか?そして彼らのなかにヒーローとして活躍する存在は現れるのだろうか?

『ウェアウルフ・バイ・ナイト』は2022年10月7日よりDisney+ (ディズニープラス)で配信予定だ。

『ウェアウルフ・バイ・ナイト』を見る

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。