『ウェアウルフ・バイ・ナイト』モノクロ演出にマーベル・スタジオ代表は即断ではなかった ー 今後の展開はある?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

MCUシリーズの配信映画としてDisney+ (ディズニープラス)で配信された『ウェアウルフ・バイ・ナイト』
今作は予告の時点でもお分かりの通り、モノクロの演出で展開されており、レトロなホラー映画の演出をふんだんに盛り込んだ作品となっていた(MCU初のモノクロ作品は『ワンダヴィジョン』)。

ファンからは大いに受け入れられたモノクロ演出だが、実はマーベル・スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏は撮影に入ってもすぐにモノクロに対してGOサインを出さなかったことをマイケル・ジアッチーノ監督海外メディアのインタビューで明らかにした。

モノクロ演出は私が最初からやりたかったことでしたが、すぐにそれができるという結論は当然ありませんでした。なので撮影中は、誰かが「理解できない・・・」と言うかもしれないと感じていたので、(却下される)心の準備はできていました。ケヴィン・ファイギはモノクロのバージョンを最初に見た後、私の方を向いて「これは本当にモノクロにする必要があるんですよね?」と言ってきました。もちろん私は「もちろんです!」と答えた。』

また撮影中は通常のカラー版と同時に、モノクロ版を見ることができるモニターも用意していたとも明らかにされている。
結果的にモノクロ版へのGOサインが出たことで、今作の独自の世界観をより引き立てる演出となった。

ジアッチーノ監督は今作に対しても強いこだわりもあり、MCUシリーズのお約束であるあのシーンも排除されているなど、シリーズなかでも際立った映画となっていた。

今作の主演を果たしたガエル・ガルシア・ベルナルは別の海外メディアのインタビューのなかで、ウェアウルフの続投の可能性にも触れている。

『うまくいけば、またチャンスが得られるでしょう。プロジェクトの結果と制作には本当に満足している。このキャラクターでさらに多くの可能性が生まれることを願っています

『ウェアウルフ・バイ・ナイト』はDisney+ (ディズニープラス)で配信中だ。

『ウェアウルフ・バイ・ナイト』を見る

Disney+ (ディズニープラス)公式サイト

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全63作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。