『フラッシュ』、ワンダーウーマン役としてガル・ガドット出演を検討 - コミックでは重要キャラも

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

残念ながら先日再び公開延期の報道がされたDCコミックス映画『フラッシュ』
今作はまだ撮影も始まってはいないが、マイケル・キートンベン・アフレックのバットマン役などキャスティングに関する情報が大きく注目されている。

そんな中でまた新たなヒーロー登場の可能性が出てきた。

実質『ジャスティスリーグ2』?

海外メディアのイルミナディによると、DCコミックス最新映画『フラッシュ』に、ワンダーウーマン役のガル・ガドットの出演をスタジオが検討していると伝えている。

WB CIRCLING GAL GADOT FOR A RETURN IN THE FLASH: EXCLUSIVE

今作にワンダーウーマンが登場するとなれば、すでに出演が決まっているバットマンと合わせてジャスティスリーグのメンバーがさらに集まることなる。レイ・フィッシャー演じるサイボーグも出演交渉が行われているといわれているが、彼がワーナーブラザースとジョス・ウェドン監督に関する告発を行ったため、先行きがどうなるかは不透明だ。

そのほかヘンリー・カヴィルのスーパーマン、ジェイソン・モモアのアクアマンが登場するかもわかっていない。

ちなみに原作コミック『フラッシュポイント』ではフラッシュによって改変された世界にて、アマゾン族を率いてアクアマンのアトランティス帝国と戦争を繰り広げるという、なかなかハードな改変が行われていた。ゆえにメインキャラクターでもあったため、映画にも現れることは期待したい。

時間改変後の世界に関しては映画版ではコミックと大きく異なるといわれているため、ワンダーウーマンがアトランティスと戦争を起こしていない可能性もある。

果たしてガル・ガドットがワンダーウーマンとして再び姿を現すことはあるのだろうか?今後の情報に注目だ。

関連記事を読む

コメントをする