エズラ・ミラー、『フラッシュ』公開後も続投か ー ワーナーが検討との情報

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

2023年公開アメコミ映画のなかでも注目度の高いのがDCEU新作の『フラッシュ』だ。

DCコミックスのなかでも屈指の人気を誇るスピースターのフラッシュの単独映画というだけもあって、期待をする声も多く、さらにはマイケル・キートン演じるバットマンの約30年ぶりの復帰もあり、往年のDC映画ファンにとっても注目すべき作品となっている。

しかし主演をするエズラ・ミラーは暴行や窃盗などの不祥事を立て続けに起こしたことから、一時は映画自体の公開も危ぶまれていた。現在は精神的な治療を専門家の元で受けているととされており、それ以降は問題行動を起こしてはいない。

そんなエズラについてワーナー・ブラザース・ディスカバリーは、『フラッシュ』公開後も彼の続投を視野に入れている海外メディアが伝えている。

エズラは昨年にワーナー上層部に直接謝罪を入れており、治療の効果も出ていることから続投を検討しているとされている。

一方でDCスタジオ代表のジェームズ・ガン監督はこのことについては「わからない」とコメントしており、まだ確定したものとは言い難いようだ。

DCEUシリーズはガン監督とピーター・サフラン氏によって新たにDCUシリーズとして実質的なリブートをすると言われている。そのきっかけになる作品の一つがマルチバースを扱う『フラッシュ』であるとも報告されているため、この映画で起きることは非常に重要な内容になることは確実だ。

以降のフラッシュがエズラ・ミラーからリキャストされないとなれば、ファンにとっては嬉しい反面、やはり問題行動を立て続けに起こしたことから、否定的な印象を抱くファンも少なくはない。

このリブートの機会にフラッシュもリキャストとも言われているが、いずれにしても今のところそういった情報は入ってきていない。

果たしてエズラ・ミラーは今後もフラッシュとしてDCUシリーズにおいても続投することになるのだろうか?
その命運を分ける『フラッシュ』は2023年6月16日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。