WB、DCフィルムのトップにホラー映画プロデューサー・ウォルター・ハマダを起用!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ワーナーブラザーズは、DCコミックスを原作とする映画シリーズの新たなトップに、ホラー映画などのプロデューサーを務めてきたウォルター・ハマダ氏を起用することを発表しました!

Warner Bros. Taps Walter Hamada to Oversee DC Films Production (EXCLUSIVE)

ウォルター・ハマダ氏はニューラインフィルムズにて、『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』や『死霊館』シリーズなどをプロデュースしたヒットメーカー。

2018年公開の映画『アクアマン』で監督を務めるジェームズ・ワン氏は以前に『死霊館』シリーズの監督を務めているため、もちろんウォルター・ハマダ氏とも以前からの仕事仲間ということになります。

このようなシリーズものの映画を成功に導いた功績のあるプロデューサーを迎えることによって、DCフィルムスの立て直しを図るのがワーナーブラザーズの狙い。

DCコミックスの著者の一人でもあるジェフ・ジョーンズ氏も、ハマダ氏が新しいトップに就任することを歓迎しています。


『ようこそウォルター!君と一緒に仕事ができるなんて感激だ!まるでシャザム!に撃たれたようだよ!』

その他、ワーナーブラザーズは以下のことを発表。

・DCフィルムのトップだったジョン・バーグ氏は『LEGO MOVIE』や『IT』のロイ・リー氏と共にプロダクションパートナーへ、ジェフ・ジョーンズ氏は引き続きDCフィルムの製作トップとなります。
・ダイアン・ネルソン氏は引き続きDCエンターテインメントのチーフとして継続。
・ハマダ氏はニューラインフィルムズからは完全に離れ、今後ワーナーブラザーズの映画も監督する予定。

今後も多くの作品が予定されているなか、この采配が功を奏すかが注目となりそうです。

DCフィルムは2018年12月21日に『アクアマン』2019年11月1日に『ワンダーウーマン2』の公開が引けており、そのほか『シャザム!』『スーサイドスクワッド2』『フラッシュポイント』も製作予定。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!