WB、ベン・アフレックに代わるバットマン役を検討中か?再び降板説が浮上

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ワーナーブラザース(以下WB)は、現在複数のDCコミックスを元にした映画の製作を行っています。
ホアキン・フェニックス主演『ジョーカー』、マーゴット・ロビー主演『バーズ・オブ・プレイ』、エズラ・ミラー主演の『フラッシュ』などが進められています。また来年には『アクアマン』『シャザム!』『ワンダーウーマン1984』の公開も予定されています。

そんな中、もっともファンを惑わせているのがマット・リーブス監督・脚本の『ザ・バットマン』
この映画の主演に関する新たな情報が伝えられています。

Flash Standalone Movie Pushes Start Date, Eyes 2021 Release (EXCLUSIVE)

海外メディアのバラエティは、『フラッシュ』の撮影開始時期の後ろ倒しとともに、今後予定されているDCコミックス映画についても言及しています。
記事では、ベン・アフレック演じるバットマンと、ヘンリー・カヴィル演じるスーパーマンの新作が予定されていないことが書かれており、『ザ・バットマン』に関してはWBが新たな俳優を探していると伝えています。

これは以前から報じられていた情報で、2016年『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』や『ジャスティスリーグ』の興行的な不振から、ベン・アフレック自身も降板を示唆したことから始まりました。

『ジャスティスリーグ』が公開されてから1年近く経ってもなお、明確な答えは示されていません。一説によるとベン・アフレックは『ザ・バットマン』のプロデューサーとして参加するのではないかとも伝えられていました。

ちなみにスーパーマン役のヘンリー・カヴィルに関しては、以前の報道で同役の降板のニュースが伝えれていましたが、ヘンリーの関係者やWB、そしてヘンリー自身からその報道を否定するようなコメントや投稿がされていました。(明確に否定されていたわけではありません)
現状スーパーマンに関しても新作映画が作られる予定はありません。

『ザ・バットマン』は2019年春から初夏にかけての撮影開始を目指したいとマット・リーブス監督も明かしており、脚本に関しても着実に進んでいると報じられています。
もしかしたら年末から来年初頭にかけて主演に関する新たな情報がくるかもしれません。その際はまた記事にてお知らせいたします。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!