ワーナー、エズラ・ミラーの騒動に動じず? ー 『フラッシュ』公開にも影響はないとも

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

DCEUシリーズで人気ヒーローのフラッシュを演じている俳優のエズラ・ミラーは、ハワイでの暴力沙汰などでの逮捕によって、ファンも呆れるほどのお騒がせ俳優として話題になってしまっていることはご存知の通りだろう。
最近ではバーで女性に椅子を投げたことで再び逮捕されおり、彼の俳優としてのキャリアに対しても暗雲が立ち込め始めている。

そんなエズラ・ミラーの出演作を手掛けているワーナー・ブラザースだが、海外メディアのDeadlineによるとどうやら彼らは今回の騒動には特に大きく動じずにいることが伝えられている。

記事では『フラッシュ』の公開延期やHBO Maxへの移行などは特に検討されておらず、2023年の公開を依然として予定しているという。また『ファンタスティック・ビースト』については今後の作品への出演契約をしていないことから、リキャストについては柔軟に行える状況にあるとも推測されているとのことだ。

言ってしまえばエズラ・ミラーとワーナーの間には将来的な契約関係がないことから、現在公開を控えている作品が終ればいつでも関係を断つことができるともとることができる。あくまで憶測なので実際のところワーナーがどのように考えているかはわからない。

以前には元妻とのDV裁判に敗訴したジョニー・デップ『ファンタスティック・ビースト』から降板させた過去もあることを考えると、ワーナーのエズラ・ミラーに対する今後の判断は不透明だ。

果たしてエズラ・ミラーの俳優としての今後はどうなってしまうのだろうか?新しい情報に注目をしておこう。

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。