『ワンダヴィジョン』予告編&キービジュアルが公開! - 2020年内に配信へ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついに来たぞ!!
Disney+ (ディズニープラス)で独占配信予定の、マーベル・スタジオ製作スピンオフドラマ『ワンダヴィジョン』のフル予告編が初公開された!

予告編ではシットコム(コメディジャンルの1つ)形式で、60年代風のアメリカドラマのような演出から始まる。
モノクロの世界で暮らすワンダとヴィジョンが登場しており、どことなく不気味な雰囲気を漂わせている。

いつもの姿に戻ったワンダやヴィジョンの周りにもどうやら不思議なことが起きているようで、特にヴィジョンは謎の女性と接触することで、自身の死を示唆されている。

予告の途中には黒人女性がなにかのワームホールのようなところから現れているシーンも確認できる。これは噂でもあった『キャプテンマーベル』に登場したモニカ・ランボーの成長した姿なのか?

今回は予告編に加えて、キービジュアルも公開された!

今作では原作にもあったワンダ・マキシモフの現実改変能力が影響してくるのではないかと言われている。『アベンジャーズ/インフィニティウォー』でサノスに破壊されてしまったヴィジョンが復活しているのも、そのせいかもしれない。
予告でも部屋の家具の形を変異させているワンダも確認できるので、確実に映画とは能力が変わってきていることを示している。

そのほか以前には2人の双子の子供として、スピードとウィッカンの登場も噂されていた。

『ワンダヴィジョン』は映画『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』とも強く繋がりのある作品でもあるため、そのストーリーには注目だ。

今作はDisney+ (ディズニープラス)で2020年内に独占配信予定

関連記事を読む

コメントをする