『ワンダヴィジョン』第2弾予告編が公開! - 更なる不穏な雰囲気に新キャラも登場

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信を予定しているドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』の新たな予告編が公開された!
今回は前回のものに引き続き不穏な雰囲気ながらもその異変に気付くキャラクターの姿が描かれている。

モニカ・ランボーやダーシーも

『ワンダヴィジョン』の第二弾予告編はこちら。

モンキーズの名曲で日本でもおなじみの『デイ・ドリーム・ビリーバー』の流れるなか、モノクロの世界で暮らすワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチとヴィジョン。シットコム(アメリカのコメディドラマ形式)風とのことで各所には観客の笑い声なども入っていることがわかる。

予告編では途中でカラーに色づいたり、世界にノイズが生じるなどの不可解な現象が描かれている。
そして『キャプテンマーベル』に登場したモニカ・ランボーが成長した姿として登場しているが、どうやら自分が誰なのかわからなくなっているようだ。

ラジオから誰かに語りかけられたり、ヴィジョンに戦うように諭されるワンダ。現実世界と思しき世界では『マイティ。ソー』シリーズに登場したダーシーの姿も確認することができる。
スピンオフドラマながら様々な作品からもキャラクターが登場する作品となることがわかる。

予告編に加えて新たなポスタービジュアルも解禁されている。

『ワンダヴィジョン』は2021年1月15日よりDisney+ (ディズニープラス)で独占配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする