『ワンダヴィジョン』ティザー動画が公開! - 2021年1月15日にDisney+ (ディズニープラス)で独占配信へ

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)で配信予定のマーベル・スタジオ製作のオリジナルドラマ『ワンダヴィジョン』のティザー動画が公開された!

映像には古めかしいテレビに映し出されているワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチと、ヴィジョン。モノクロから始まった映像は不協和音な音楽とともに、不気味に壁やテレビの型が変化ししている。最後には一部の壁紙がはがれ、その向こうにはテレビの砂嵐が見えるのもわかる。これはこの世界が現実ではないことを表しているのだろうか?

『ワンダヴィジョン』は全6話構成で『アベンジャーズ/エンドゲーム』の後の時系列で進行される。ワンダとヴィジョンのヒーローカップルを主人公にしているが、ヴィジョンは『アベンジャーズ/インフィニティウォー』でサノスに破壊されてしまい、その後も復活はしていない。どのようにしてヴィジョンが戻ってくるのかは注目すべき点だろう。

また今作はシットコムというドラマ『フルハウス』のようなコメディ形式で展開されることもわかっており、実際に観客を入れての撮影も行われている。それは以前に公開された予告編でも確認することができた。

配信時期に関しては当初予定されていた2020年12月から1か月ほど後ろ倒しになって2021年1月15日からの配信となった。残念ではあるが新型コロナウイルスの影響によって年単位で延期されている映画も数多くある中ならば、1か月ほどの延期はそこまで影響は感じないだろう。

ちなみに『ワンダヴィジョン』が年をまたいだことで、2020年はMCU新作が1作品も公開されなかった年となった。不可抗力によるものであるため仕方のないことだが、これは『インクレティブル・ハルク』と『アイアンマン2』の間の2009年以来11年ぶりだ。

『ワンダヴィジョン』はこのほかにも映画『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』とも強くつながった作品であるため、ドラマから始まる新たなMCUの試みにも注目しておこう。

『ワンダヴィジョン』は2021年1月15日にDisney+ (ディズニープラス)で独占配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする