『ワンダヴィジョン』に新組織S.W.O.R.D.が登場か - モニカ・ランボーの姿も目撃

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

現在撮影が進められているDisney+ (ディズニープラス)ドラマ『ワンダヴィジョン』。すでに幾度か撮影現場が目撃されていますが、今回はMCUの今後の展開にも関わりそうなものが発見されました!

S.H.I.E.L.D.の後継組織として登場か

MCU作品の撮影現場をスクープしている海外サイトJsutJaredは、ドラマ『ワンダヴィジョン』の現場写真を共有。そこにはワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチを演じるエリザベス・オルセンがメインに、謎の黒人女性を演じるセヨナ・パリス武装した警備員の姿を捉えています。

WandaVision Set Photos Tease SWORD’s Involvement in New Series(サイトが重いため、別サイトを経由してのリンクになります)

武装した警備員が守るビルの扉にはあるロゴが写し出されており、そこには「S.W.O.R.D.」の文字も確認することができます。ドラマにS.W.O.R.D.が登場することがほぼ確実となりました。

S.W.O.R.D.は「Sentiest World Observation and Response Department」の略称で、長官にはアビゲイル・ブランド、宇宙からの脅威を常に監視している諜報機関です。彼らの本拠地は地球の衛星軌道上に存在しています。

S.H.I.E.L.D.に似た組織にも見えますが、海外メディアではS.W.O.R.D.がS.H.I.E.L.D.の後継組織になるのではないかと伝えられています。

またセヨナ・パリスが演じる女性は、『キャプテンマーベル』にて登場したキャロル・ダンバースの親友マリア・ランボーの娘モニカであると推測されています。成長したモニカはS.W.O.R.D.に所属する捜査官になって今作にに登場するとみられます。他にも『アントマン&ワスプ』に登場したランドル・パーク演じるジミー・ウー捜査官もS.W.O.R.D.の一員になっていると予想されます。

S.W.O.R.D.が今後のMCU作品に登場するとなると、S.H.I.E.L.D. は一体どうなってしまったのでしょうか?長官であるニック・フューリーは、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のポストクレジットシーンにて、多くのスクラル星人が働く宇宙の施設のような場所にいたことが明らかになっていました。
この行動は2つの組織の存在になにか関係があるのでしょうか?謎は深まるばかりです。

ドラマ『ワンダヴィジョン』はDisney+ (ディズニープラス)にて2021年春ごろに米国にて配信開始予定です。

関連記事を読む

コメントをする