『ワンダヴィジョン』冒頭、ディナーパーティが開催? - コミックではヒーローの招待も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

Disney+ (ディズニープラス)が日本でのサービス開始をしたことを機に、マーベルファンの間ではより一層オリジナルドラマへの期待感が増している。

なかでも謎めいているドラマの1つが『ワンダヴィジョン』だ。ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチとヴィジョンのヒーロー・ヒロインカップルを主人公にした作品であるが、すでにヴィジョンは『アベンジャーズ/インフィニティウォー』でサノスよって破壊されているため、どのようにして登場するのかも注目されている。

そんな『ワンダヴィジョン』の新しい噂が入ってきた。

クイックシルバーの登場もあるか?

海外でMCU作品のスクープを配信するマーフィーズマルチバースは、『ワンダヴィジョン』の新しい情報を共有。
どうやら物語序盤ではワンダが主催するディナーパーティーが開かれると主張しているのだ。

HOUSE OF M: HOW ONE OF THE BIGGEST X-MEN STORIES MAY INSPIRE ‘WANDAVISION’

ただのディナーパーティーならば特に注目することはないのだが、記事ではコミックに登場したあるシーンに焦点を当てている。

それは2015年発売の『ヴィジョン #7』におけるシーンで、ワンダとヴィジョンが複数のキャラクターを招いてホームパーティを開くシーンが存在している。

そこには招待客としてロバート・フランク/ウィザー、ボヴァ、魔女のアガサ・ハークネス、ワンダーマン、そしてワンダの双子の弟ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバーが呼ばれている。

もちろんドラマも同じキャラクターが正体されるとは限らないが、パーティである以上は複数のキャラクターが登場することは明白だ。特にクイックシルバーにはいやでも気になってしまう。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の終盤で銃弾に倒れたクイックシルバーは、それ以降の作品には登場していない。基本的に死亡したキャラクターは簡単に復活することのないMCU作品ではあるが、ワンダにとってはヴィジョンとももに重要人物なだけあって様々な復活への推測がされている。

先日には『X-MEN』シリーズでクイックシルバーを演じたエヴァン・ピーターの『ワンダヴィジョン』への出演報道もあり、今作がMCUとX-MENの初のクロスオーバー作品になるのではないかともいわれていたのだ。

いずれにしても謎多き『ワンダヴィジョン』。今作はまもなく撮影が再開されると伝えらえており、その後2020年12月にDisney+ (ディズニープラス)で独占配信が予定されている。

関連記事を読む

コメントをする