『ソー』ダーシー&『アントマン&ワスプ』のウー捜査官がドラマ『ワンダビジョン』に登場決定!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

アメリカで行われているディズニー社のイベント「D23 Expo」では、マーベル・スタジオによるプレゼンテーションで様々な情報がアップデートされています。

「サンディエゴコミコン2019」で発表されたディズニー+オリジナルドラマの『ワンダヴィジョン』に登場するキャラクターも新たに解禁されています。その中にはファン待望のあのキャラのリターンもありました!

『ワンダヴィジョン』でどのように絡んでいくのか?

ディズニーのファンイベントである「D23 Expo」でマーベル・スタジオは、スピンオフドラマ『ワンダヴィジョン』で、『マイティ・ソー』シリーズに登場したダーシーと、『アントマン&ワスプ』に登場したFBI捜査官のウーが再登場することを明かしました。

Darcy and Agent Woo Returning for WandaVision

ウーは2度目の登場となりますが、ダーシーは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』以来の再登場となります。『マイティ・ソー/バトルロイヤル』では出番がなく、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でもナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターのようなカメオ出演をすることもなかったため、久しぶりの登場となります。コアなファンがいるキャラクターなだけに、ドラマへの登場は期待が高まります。

『ワンダヴィジョン』はその名の通り、ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウォッチと、ヴィジョンを主人公にしたスピンオフドラマで、MCUフェイズ4の作品群の1つ。
情報解禁時では『キャプテン・マーベル』に登場したマリア・ランボーの娘モニカが大人になった姿で登場することが明かされています。

モニカ、ダーシー、ウーの3人はいずれもワンダやヴィジョンと面識のあるキャラクターではなく、3人もお互いに絡みがあったキャラクターではありませんでした。本編ではどのようにストーリーに絡んでくるのかが注目されます。

また『ワンダヴィジョン』は配信後に公開される予定のベネティクト・カンバーバッチ主演『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』と大きく関係のある作品でもあります。映画にはワンダも登場することが判明しており、その関係性にも注目が集まっていました。
ひょっとすると映画の方にもモニカやダーシー、ウーが登場するかもしれませんね。

今後もMCU作品同士でメインキャラクター以外のクロスオーバーが頻繁に行われていくかもしれません。その代表として『ワンダヴィジョン』がどのようなストーリーになっていくのか続報を待ちながら期待しておきましょう。

ドラマはディズニー+独占で2021年春に配信予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

小ネタはツイートでお知らせ中!