『ワンダヴィジョン』、あのキャラのオリジナル俳優出演を検討していた ー 監督「早期に除外された」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

最終話を迎えて裏話などが話され始めているマーベル・スタジオドラマの『ワンダヴィジョン』
多くの伏線などが張られたり、サプライズキャラクターの登場などでたくさんのファンを喜ばせてくれた。

そんな今作に登場したキャラクターを演じる俳優について、実は別の俳優も検討されていたことが明らかになった。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

アーロン・テイラー=ジョンソンも検討されていた

『ワンダヴィジョン』のマット・シャックマン監督は海外メディアのインタビューに対して、第5話のラストにてサプライズ登場したピエトロ・マキシモフ/クイックシルバーが、エヴァン・ピーターズではなく、MCUオリジナルのアーロン・テイラー=ジョンソンの出演を検討していたことを明かした。

WandaVision Considered Bringing Aaron Taylor-Johnson Back as Quicksilver

アーロン・テイラー=ジョンソンを早い段階で復活させることにいては間違いなく話し合いがありました。ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ代表)はこのことについて公に話していた記憶があります。しかしこれは早期に除外されました。』

アーロン・テイラー=ジョンソンが演じるクイックシルバーは『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に登場し、ご存知の通りワンダ・マキシモフの双子の弟としてヒドラの人体実験を受けて、超人的なパワーを得ていた。

しかし劇中終盤にてホークアイと一般市民を身を挺して守ったことで凶弾に倒れてしまった。それ以降彼の登場はなかったのだが、『ワンダヴィジョン』で『X-MEN』で同役を演じたエヴァン・ピーターズがサプライズ出演していた。

流れとしてはアーロン・テイラー=ジョンソンが出演した方が自然だが、ここでサプライズとしてエヴァン・ピーターズを選んだのも、今後の『X-MEN』との合流を示唆するためのだったのかもしれない。

劇中ではそのピエトロは偽物であったことがわかったが、やはりここまで風呂敷を広げたのならば期待せざるを得ないだろう。

果たしてクイックシルバーが本当に復活するとき、アーロン・テイラー=ジョンソンかエヴァン・ピーターズのどちらが出演するのかも注目しておこう。

『ワンダヴィジョン』はDisney+ (ディズニープラス)にて全話配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする