『ワンダヴィジョン』、ダーシーの役どころは? - ヴィジョンにとって重要なキャラに

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

予告編が公開され大きな話題を呼ぶことになった『ワンダヴィジョン』
Disney+ (ディズニープラス)としてははじめてのマーベルオリジナルドラマとなる今作ですが、映画に登場したおなじみのキャラクターも複数登場してくることが判明している。

そんなキャラクターのうちの一人の、作品内での役どころが伝えられている。

ヴィジョンの記憶を復活させる?

海外メディアのマーフィーズ・マルチバースによると、『マイティ・ソー』シリーズでカット・デニングスが演じたダーシーのドラマ内での活躍について報じている。

DARCY’S ROLE IN ‘WANDAVISION’ REVEALED

ダーシーは主にヴィジョンに関係しており、彼の失った記憶の修復に大きな役割があるとのこと。
ヴィジョンは自身が『アベンジャーズ/インフィニティウォー』でサノスによって破壊されたことを覚えていないというのだ。

事実、予告編でもキャスリン・ハーン演じるキャラクターに自分が死んだことを聞かされてハッとするシーンがあった。
どういった理由で記憶を失っているのかはわからないが、その謎を解き明かすためにダーシーが一役かうようだ。

『マイティ・ソー:ダークワールド』以来、MCUに登場していなかったダーシーが、ヴィジョンとの意外な組み合わせを観れるのも楽しみかもしれない。

今作には他にも『アントマン&ワスプ』に登場したジミー・ウー捜査官や、『キャプテンマーベル』のモニカ・ランボーが成長した姿となって再登場してくる予定だ。

『ワンダヴィジョン』は2020年末にDisney+ (ディズニープラス)独占で配信予定

関連記事を読む

コメントをする