『ワンダヴィジョン』、劇中クリップ動画が公開! ー 観客の笑い声も

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

2021年はマーベル作品の再始動の年で、早速1月15日からはDisney+ (ディズニープラス)で『ワンダヴィジョン』の配信が予定されている。
徐々に配信開始日が迫る中で、今回は劇中のクリップ動画が公開された!

実際に観客の前で撮影

『ワンダヴィジョン』でワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチを演じるエリザベス・オルセンは海外の番組『ジミー・キンメル・ライブ!』に出演し、そこで今作のクリップ動画が初公開された!

動画では1950年代に撮影されたような雰囲気のセットでワンダとヴィジョンがベッドで会話をしているシーンになっている。
モノクロ調になっており、かつ観客の笑い声も聞くことができる、まさにシットコム形式(コメディドラマジャンルの一つ)になっていることがわかる。

今までのMCU作品とは大きく異なるものになっていくのがよくわかる動画だ。なぜこのような世界になってしまったのかが、今作における最大の謎でもあるだろう。

また公式ツイッターではワンダとヴィジョンを紹介するプロモムービーも公開されている。

『ワンダヴィジョン』はマーベル・スタジオが直接製作したドラマとしては最初に配信がされる作品となるが、ヴィジョンを演じるポール・ペタニーによると、映画とは変わらない現場で撮影が行われていたとコメントしており、ドラマといえどもしっかりと作りこまれていることがわかる。

実際の撮影で観客を入れて行っているというのも、その意気込みを感じることができる。

そんな『ワンダヴィジョン』はDisney+ (ディズニープラス)にて1月15日から全9話が毎週配信されていく予定だ。

関連記事を読む

コメントをする