『ワンダヴィジョン』、あの人気キャラの正体を考察 - 候補にあがるあの邪悪な存在

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

第7話が配信され、サービスがダウンしてしまうほどの注目を集めている『ワンダヴィジョン』
物語も大きく動き出して、様々なあことが明らかになっていったが、あの人気キャラクターの正体は果たして僕らがしっているキャラクタなのだろうか?

今回は噂されているその正体について解説していこうと思う。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

クイックシルバーの正体はクートン?

『ワンダヴィジョン』第5話のラストではご存知の通り、ピエトロ・マキシモフ/クイックシルバーが登場してきた。クイックシルバーはワンダの弟であり、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』にてウルトロンに殺害されていた。

一方で第5話に登場したクイックシルバーを演じていたのが、『X-MEN:フューチャー&パスト』などで同役を演じたエヴァン・ピーターズだったことにも驚いたファンは多かっただろう。

『X-MEN』とのクロスオーバーがついに始まったと思ったが、第7話のクライマックスではすべて魔女のアガサ・ハークネスによって仕組まれていたことだということが明らかになっていた。ポストクレジットシーンでは地下室を発見したモニカを襲うクイックシルバーのシーンもあり、いまだに彼が何者なのかは明らかになっていない。

このエヴァン版クイックシルバーについてファンの間では、コミックに登場したクートンが正体なのではないかといわれている。

クートンはワンダゴア山に封印されていた邪神であり、ワンダが生まれた瞬間に彼女の才能に気づいて祝福を与えた。将来的に彼女を器として使って復活するために。ワンダは祝福のおかげで潜在的に持っていたミュータント能力にさらなる強化をもたらされていた。

そのほかクートンはクイックシルバーの体を使って操っていたこともある。その間クイックシルバー本人の魂はダークホールドの中に封印されていた。ダークホールドは『エージェント・オブ・シールド』シーズン4にも登場した魔術書。アガサの地下室にもダークホールドに似た禍々しいオーラを放つ本が置かれていたことにも気づいた人はいるだろう。

このように『ワンダヴィジョン』に登場したエヴァン版クイックシルバーが実はクートンなのではないかと予想されている。もしそうならばいずれにしてもクイックシルバーの体がどこからきて、なぜ顔が違うのかは説明がつかないだろう。
この点についても残り2話で明らかにされていくのか気になるところだ。

気になるところが山積みで、あと2話で収拾がつくのか気になる『ワンダヴィジョン』はDisney+ (ディズニープラス)で毎週金曜日に独占配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする