『ワンダヴィジョン』、能力が身についたシーンの真相は? - 画像加工によって判明か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

第8話の配信がされ、物語の結末と核心に近づいている『ワンダヴィジョン』

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』でも描かれなかったワンダのバックグラウンドが明かされるなど、非常に注目度の高いストーリーになっていたが、あのシーンで現れた人物は一体誰だったのか?

※この記事には『ワンダヴィジョン』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

ワンダがワンダの力を覚醒させる?

『ワンダヴィジョン』第8話では『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で描かれていなかったヒドラの施設での人体実験の様子が明かされた。
マインドストーンを使った実験に参加したワンダ・マキシモフは、突然のマインドストーンの接触により力を覚醒させていた。

そのシーンではマインドストーンの強烈な光の中から謎の女性の影が確認されていた。その人物について誰であるかは不明だが、ファンによる画像加工によってその正体が明らかになったかもしれない。

逆光のなかで浮かぶその姿は実はワンダそのものだったのだ。
コミックのようなコスチュームを身にまとったワンダの姿が浮かんでおり、どうやらまだ全貌が公開されていない新たなスーツ姿でのワンダ、もといスカーレット・ウィッチなのではないかと示唆されている。

なぜマインドストーンの光のなかから未来のワンダ自身が現れ、自分自身の力を覚醒させたのかはわからないず、非常に謎めいた演出であることは明らかである。

最終話でどこまで真相に近づいていくかは気になるところだが、『ワンダヴィジョン』はこのあとに『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』にもつながっていくことがわかっている。そのためひょっとすると映画のなかでひとつの真相が明かされていくかもしれない。

さらに注目度が上がっていく『ワンダヴィジョン』はDisney+ (ディズニープラス)で金曜日に最終話が配信予定だ。

関連記事を読む

コメントをする