ディズニー社、2018年の映画公開スケジュールを公開!マーベルやピクサー作品など

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

FRC フィギュアレビューセンターの管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。たまにアニメも。イベントも。 プロフィールはこちら

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ウォルト・ディズニー社は2018年に公開を予定している映画の作品スケジュールを公開しました!
その中にはピクサーの最新作品や、マーベル・スタジオの作品も含まれています!

2018年ウォルト・ディズニー社公開作品予定一覧※公開予定日は全米公開日

2018年2月26日(日本は3月1日)公開:『ブラックパンサー』

『シビルウォー/キャプテンアメリカ』に初登場したブラックパンサーの単独映画。アフリカの国ワカンダの王であるティ・チャラの活躍を描く。
主演はチャドウィック・ポーズマン、監督はライアン・クーグラー氏が担当。

2018年3月9日公開:『A Wrinkle In Time(五次元世界のぼうけん)』

マデレイン・レングルによる1963年のファンタジー小説『A Wrinkle In Time』の実写映画。
2003年に続き2度目の実写化です。
3人の魔女としてオプラ・ウィンフリー、リース・ウィザースプーン、ミンディ・カリングが主演。監督にはエイヴァ・デュヴァーネイ氏が担当。

2018年5月4日(日本は4月27日)公開:『アベンジャーズ インフィニティウォー』

当ブログを見ている方ならおなじみのマーベル・スタジオ最新作『アベンジャーズ インフィニティウォー』。
アベンジャーズシリーズ3作品目となる今回は宇宙最強の敵サノスが地球を襲撃。新たにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーや、ドクターストレンジ、スパイダーマン、ブラックパンサーなどのヒーローが加わったアベンジャーズが立ち向かう。
監督はジョー・ルッソ氏&アンソニールッソ氏が担当。

2018年5月25日(日本は6月29日)公開:『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリ』

出典:『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』ロゴ ©2017 Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved

スターウォーズシリーズから2016年の『ローグワン』に続く2作品目の外伝作品。
『スターウォーズ エピソード4 新たなる希望』でルーク・スカイウォーカーに出会う前の若き日のハン・ソロの活躍を描く。チューバッカとの出会いも描かれるという。
主演はオールデン・エアエンライク、監督はロン・ハワード氏が担当。

2018年6月15日(日本は8月1日)公開:『インクレディブル・ファミリー』

スーパーパワーを持つ一家の活躍を描く2004年公開の映画の続編。
10年以上経ってようやく公開されますね。1作品目はアカデミー賞長編アニメ映画賞などを獲得した話題作。
今作への期待も高まります。
監督は引き続きブラッド・バード氏が担当。

2018年7月6日公開:『ANTMAN AND THE WASP(アントマン・アンド・ワスプ)』

出典:©MARVEL

マーベル・スタジオの2015年公開の『アントマン』の続編。
『アベンジャーズ インフィニティウォー』のその後を描くとみられ、そのストーリーにも注目。新たなヒーローとしてワスプも登場。
主演はポール・ラッドとエヴァンジェリン・リリー、監督はペイトン・リード氏が担当。

2018年8月3日『Goodbye Chrustipher Robin(グッドバイ クリストファー・ロビン)』

ディズニーの有名作品『クマのプーさん』の作者A・Aミルンと息子クリストファー・ロビンの関係を描く映画。
作者のミルン役には『ハリーポッター』シリーズでビル・ウィーズリー役を演じたドーナル・グリーソン、妻役には『スーサイドスクワッド』のハーレイクイン役で日本ではおなじみのマーゴット・ロビー。クリストファー・ロビン役には子役のケリー・マクドナルドが演じます。
監督はサイモン・カーティス氏が担当。

2018年11月2日公開:『ムーラン』

1998年に公開されたディズニーアニメ『ムーラン』の実写映画。
古代中国を舞台にsたストーリーにで、中国の伝説『花木蘭』をモデルとしています。
主演には中国人女優のリウ・イーフェイ(劉亦菲)。監督はニキ・カーロ氏が担当。

2018年11月2日公開:『The Nutcracker and the Four Realms(くるみ割り人形)』

有名な『くるみ割り人形』の実写映画。『ムーラン』と同じ公開日が設定されています。
E・T・A・ホフマンの1816年の小説『くるみ割り人形とねずみの王子様』と、ピョートル・イリイチ・チャイコフスキーのバレエ『くるみ割り人形』が原作となっています。
ディズニーでは珍しいダークな作品となる予定で、有名なストーリーのダークサイドな部分を描く。
監督はラッセ・ハルストレム氏が担当。

2018年11月21日公開:『Wreck-it Ralph 2(シュガーラッシュ2)』

2013年公開の映画『シュガーラッシュ』の続編。個人的にはディズニーアニメーションで一番すきな作品ですw
ゲームの悪役・ラルフの活躍を描く本作品。日本でもクッパやソニック、『パックマン』のゴースト、『ストリートファイター』ザンギエフが登場したことにより話題となりましたね。

2作目には歴代のディズニープリンセスや、スターウォーズのキャラクターが登場すると噂されています。ディズニーだからこそできることですね。

2018年12月25日公開:『Mary Poppins Return(メリー・ポピンズ リターン)』

『メアリー・ポピンズ』原作の1964年のミュージカル映画『メリー・ポピンズ』の50年以上経って公開される続編。
メリー・ポピンズを演じるのはエミリー・ブラント。監督にはロブ・マーシャル氏が担当。

シェアしてみんなに教えてあげよう!

オススメ記事


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!

あわせて読みたい