『ヴェノム3』、早くも製作が計画段階中 ー プロデユーサーが明言

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

ソニー・ピクチャーズが展開するマーベル映画シリーズのソニーズ・スパイダーマン・ユニバースでは様々な映画の製作が進められているが、つい最近日本でも公開された『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』も前作に引き続いて大ヒットを記録し、すでに人気キャラの地位を確立しているが、どうやら早くも『ヴェノム3』の製作が進んでいることをプロデューサーのエイミー・パスカル氏が海外メディア・コライダーのインタビューのなかで明らかにした。

『私たちは現在(「ヴェノム3」の)計画段階にありますが、焦点を当てているのは、誰もが「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」を見に来るようにすることです』

深くは触れていないが、すでに『ヴェノム3』の企画が存在することを認めた
一方でソニー・ピクチャーズも共同製作している『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』に注力をしていると話している。

ソニー・ピクチャーズはマーベル・スタジオとともにMCUシリーズにおいてスパイダーマンの映画も展開しているが、今後も新三部作の企画があることをプロデューサーが認めており、またソニー単独でも『クレイヴン・ザ・ハンター』などの新たな映画の製作も準備が進んでいる。

おそらくは今後数年間はさらにふたつの映画のユニバースが交差していくことになると考えられるため、パスカル氏の言う通り『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』がどのような物語になるのかぜひとも注目をしておこう。

映画は2022年1月7日に日本公開予定だ。

関連記事を読む