ドラマ『ヴィジョン&スカーレットウィッチ』に『キャプテンマーベル』脚本家が参加!

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ウォルト・ディズニー社が2019年にサービス開始予定のストリーミングサービス「Disney+ (ディズニープラス)」。
サービス内ではオリジナル作品の配信も予定しており、候補としてマーベル作品が複数挙げられています。
すでにトム・ヒドルストンを主演で『ロキ』のミニドラマシリーズが予定されています。

そして今回は『ヴィジョン&スカーレットウィッチ』のドラマシリーズに関する情報が入ってきました!

『キャプテンマーベル』脚本家が執筆!

海外メディアのハリウッドレポーターは、Disney+ (ディズニープラス)で配信予定のマーベルドラマ『ヴィジョン&スカーレットウィッチ』の脚本家とプロデューサーに関する情報を伝えています。

Marvel’s ‘Vision and Scarlet Witch’ Series Lands ‘Captain Marvel’ Writer (Exclusive)

『ヴィジョン&スカーレットウィッチ』の脚本とプロデューサーに、『キャプテンマーベル』の脚本の1人としてジャック・シェフェールが務めることを報じています。脚本はまずパイロット版を執筆するといわれています。

今作の内容や詳細に関しては不明な点が多いですが、実力のあるクリエイターの参加はドラマの期待への高まりも後押ししてくれるでしょう。

ドラマの時系列も気になる点の1つ。『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の前ならすんなりとストーリーが作られそうですが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』と関連するとなると、サノスのスナップにより消滅した2人がどのように復活するのか気になりますね。

Disney+ (ディズニープラス)には今作以外にも『ロキ』バッキー&ファルコンロケット&グルートなどが計画すれているといわれています。

『ヴィジョン&スカーレットウィッチ』はDisney+ (ディズニープラス)で2019年内にサービス開始予定されています。

関連記事を読む

コメントをする