『ヴェノム』プロデューサー、スパイダーマンとのクロスオーバーの可能性について明かす。

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

米国にてまもなく公開予定の映画『ヴェノム』
マーベルのキャラクターを元にした映画ではありますが、マーベル・スタジオが製作するMCUシリーズとは異なる世界線で展開されるといわれています。

そんな今作のプロデューサーであるマット・トルマック氏が、『ヴェノム』とMCUシリーズのスパイダーマンとのつながりについてコメントをしています。

『チャンスはある。彼らはお互いにつながっています。』

『ヴェノム』のプロデューサーであるマット・トルマック氏は、海外メディアのLRMのインタビューに答えています。

LRM Exclusive: Venom Producer On Whether Or Not Venom’s World Is The MCU

大切なことは、僕らは「ヴェノム」の単独映画を作っているということだ。チャンスはいくつかありますが、今作はエディ・ブロックとヴェノムの映画です。そしてヴェノムの世界での物語です。しかし私たちはなんでもすることができるし、次のストーリーも作りたいと考えている。』

トルマック氏はこのように答えており、今作はあくまでエディ・ブロックとヴェノムを中心に描いた映画であることを頭に置きながら製作されたといいます。

『今回の映画はヴェノムの映画だし、そこから気をそらしたくなかった。エディ・ブロックとヴェノムのストーリーにはとても満足しているし、それ以上のものも作りたい。』

今後もし続編が製作されるとなると、引き続き2人の登場主人公が中心になることは明らか。主人公を演じるトム・ハーディはすでに3部作出演への契約にサインしたとの情報もあります。

またトルマック氏は将来起きるかもしれんたいスパイダーマンとの共演について次のように話しています。

ヴェノムがいつかスパイダーマンと対峙することとは私たちにとっても興奮することは明らかです。ただ今回の映画では彼は登場しないし、必要でもなかったんだ。(中略)彼らは違う場所にいるかもしれないけど、きっと同じ世界にいるでしょう。そして彼らはお互いにつながっています。』

このようにヴェノムとスパイダーマンが同じ世界にいることの可能性を残しています。明言は避けられていますが、状況次第では、MCUスパイダーマンとのクロスオーバーも夢ではないのかもしれませんね。

『ヴェノム』は2018年11月2日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!