『ヴェノム!』にヒーローはいない!もう一人のシンビオートにはライオットが登場!

   

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

ソニー・ピクチャーズが新たに展開するスパイダーマンのスピンオフシリーズ。その第1作として公開が予定されている『ヴェノム』について、新たな事実が判明!

ヒーローがいないスーパーヒーロー映画

海外メディアのEntertainment Weekly誌は、今作の監督ルーベン・フライシャー氏へインタビューを行い、『ヴェノム』がどのようなアンチヒーロー映画になるかをコメントしました。

'Venom' cast at Comic-Con

『私は新しいジャンルにさまざまなものを表現することにとても興奮しています。私たちの映画はオリジナルであり異色、キャラクターに完全に合わせたトーンになっています。
ヴェノムはよりダークで、バイオレンス、より恐ろしいキャラクターです。
私が考える他のスーパーヒーロ映画と違う部分は、今作にヒーローがいないことです。

もともとコミックでは、シンビオートがスパイダーマンに寄生することによって誕生したのがヴェノムであり、スパイダーマンありきでのヴェノムのイメージが強いのはファン全員の共通認識だと思います。

しかし今作ではスパイダーマンがマーベルスタジオのMCUシリーズに登場していることもあり、その誕生の起源が異なる可能性もあります。

それは今回のインタビューでの「ヒーロー無し発言」からでも明らかですね。

ちなみに今作でヴェノムと対決することとなるのは、同じくシンビオートから生まれたライオット
以前にはヴェノムから派生したモンスターで一番有名なカーネイジの登場も噂知れていました。

ヒーローのいない、悪vs悪がテーマになったスーパーヒーロ映画は、新たな風となって旋風を巻き起こすことができるのでしょうか?

ソニー・ピクチャーズは今後も『シルバー&ブラック』『モービウス』など悪役が活躍する映画の製作を予定しています。

『ヴェノム』は2018年11月3日に日本公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!