ミシェル・ウィリアムズが映画『ヴェノム』でアン・ウェイング役で出演!"シーヴェノム"も登場か?

ミシェル・ウィリアムズが映画『ヴェノム』でアン・ウェイング役で出演!”シーヴェノム”も登場か?

      2018/07/11

この記事を書いた人

ゆとぴ

 

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。 プロフィールはこちら

ツイッター:@frc_watashi_ame アメコミ垢@frc_watashi 特撮垢

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

出典:©MARVEL

現在撮影が行われているスパイダーマンのスピンオフ作品『ヴェノム』に、エディ・ブロックの妻であるアン・ウェイング役としてミシェル・ウィリアムズが出演!


Michelle Williams Is Definitely Playing Anne Weying in Venom

以前からミシェル・ウィリアムズが今作に出演するための交渉が行われてたようですが、ついに決定したようですね。
ミシェル・ウィリアムズは『ブロークバック・マウンテン』や『ブルーバレンタイン』、『マリリン 7日間の恋』に出演し、幾度かアカデミー賞主演女優賞や助演女優賞にノミネート経験もある実力派女優。

「あまり多くは語れない」とも話していたウィリアムズですが、今回彼女が演じるアン・ウェイングとは原作コミックでも重要な役どころ。

原作ではヴェノムの宿主であるエディ・ブロックの元妻であり、後に連続殺人犯により撃たれる。その命を救うためエディ・ブロックがシンビオートの一部を彼女に寄生させ、アン・ウェイングはシーヴェノム(She-Venom)となっています。
要するに”女性版ヴェノム”ですね。

実際に今作でシーヴェノムが登場するかはわかりませんが、めでたく映画がヒットした場合の続編に登場する可能性は十分あり得ます。

『ヴェノム』はエディ・ブロック/ヴェノム役にトム・ハーディが演じ、脚本には『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』のスコット・ローゼンバーグと、『アメイジング・スパイダーマン2』のジェフ・ピンクナーが共同執筆。
スパイダーマンのスピンオフ作品にはほかにも『シルバー&ブラック』の製作が予定されています。

『ヴェノム』は2018年10月5日より全米公開予定です。

シェアしてみんなに教えてあげよう!


コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

小ネタはツイートでお知らせ中!