『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のニュージーランド公開日が延期 ー 他国でも影響が?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズの待望の新作、そして続編として公開を控えている『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
そんな今作は9月に米国にて公開されることになっているが、最近ニュージーランドの公開日が3週間後ろ倒しになったことがにわかに話題になっている。

Venom: Let There Be Carnage International Release Date Delayed

ニュージーランドでの『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の公開日は9月23日から10月14日にリリースされるようになっているとのことだ。詳細な理由については明らかになっていないのだが、新型コロナウイルスの感染が影響しているのではないかと推測されている。

一方でニュージーランドの感染者数は他国と比べると非常に抑えられているため、ひょっとすると国際的な公開延期に先駆けた対応なのかもしれない。

米国では再び感染拡大の兆しがあるとされており、ようやく営業再開した劇場も再び閉じられるとの不安視する声も囁かれている。また先日公開された新しい予告編では公開日の文言が削除されており、単純に秋ごろの公開しかアナウンスされていなかったことも一因だろう。

日本では元々公開日が設定されておらず、2021年内とのざっくりとしたアナウンスしかされていない。少なくとも米国よりも早く公開されることはあまりない(あっても1週間ほど)のため、他国と大きくズレることないと思われ、日本でも公開日は9月~10月ごろと思われる。

果たして『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は無事に劇場で楽しむことができるのだろうか?今作は2021年9月24日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

コメントをする