『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』米公開日が2週間前倒しの10/1に! ー 『シャン・チー』の影響も?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ソニー・ピクチャーズの最新作『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』米国公開日が10月15日から2週間前倒しされて10月1日に移動することが公式に明らかになった。

つい先日に延期されたばかりだった本作ではあるが、少しでも早く公開されるのならばファンとしては嬉しい限りだろう。

今回の前倒しに関しては、先日公開されたマーベル・スタジオ最新作の『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の予想以上の大ヒットが影響したのだと思われる。調子のよい客足の流れを途切れさせないために2週間の前倒しを実行したと思われる。

一方で日本での公開日は以前として発表されていない。公式サイトでは依然として「2021」の文字が書かれているため、少なくとも年内に公開する準備を進めていると考えられる。内容次第ではネタバレされると台無しになる可能性もあるため、なるべく米国と差のない公開日を設定してほしいところだ。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は前作に引き続いてエディ・ブロックとシンビオートのヴェノムを主人公とした映画で、今作では最大の宿敵であるカーネイジが登場。シンビオートVSシンビオートの対決を再び楽しむことができる。

今後日本での公開日がわかり次第お知らせしていく。

関連記事を読む

コメントをする