『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』ポストクレジットシーンをネタバレ ー 今後の展開を予期する内容とは

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

ついに米国にて公開をしたソニー・ピクチャーズのマーベル映画最新作の『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』

前作で奇妙な共生関係を築いたエディ・ブロックと宇宙からの寄生体シンビオートであるヴェノムが、新たな敵のクレタス・キャサディとカーネイジとの壮絶な戦いを描いた物語となっている。

そんな今作でも例に漏れずメインストーリー終了後に次なる展開を示唆するポストクレジットシーンが存在している。今回はそのシーンについて解説をしていこうと思う。

※この記事には『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のポストクレジットシーンのネタバレ

 

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の本編、クレタス・キャサディ&カーネイジとの戦いを終えたエディとヴェノムは、無人島の廃ホテルにて休息を取っていた。

ヴェノムはエディに対して「俺たちはみな過去を持っている、エディ。宇宙全体で800億光年のハイブ(集合精神体)の知識はお前の小さな小さな脳を爆発させるだろう」と意味深なことを話した。

その時、2人がいた部屋が大きく鳴り響く。「何が起こった?」とヴェノムに問いただすエディだが、ヴェノム自身もこの現象には関与していないようだ。

オレンジに光りながら揺れる部屋だったがやがて落ち着き、エディが見ていたテレビの画面が突然切り替わる
それはデイリー・ビューグルの編集長であるJ・ジョナ・ジェイムソンが伝える速報ニュース映像だった。

そこには高校生のピーター・パーカーがスパイダーマンであることをミステリオに暴露される、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のポストクレジットシーンで見たものだった。

映像を見たヴェノムは「こいつ、、、」とつぶやき長い舌でスパイダーマンが映ったテレビをなめるのであった。

突然の出来事に動揺するエディとヴェノムのところに海パン姿の男「俺の部屋でなにしている?」と怪訝そうな顔をして部屋に入ってきた。

エディ自身も自分がどこにいるかはわかっていなかった。

『ヴェノム3』とスパイダーマンとのクロスオーバーが実現?

ということで『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のポストクレジットシーンは以上のような内容だった。

ファンが予想していた通りに2つのスタジオが製作するマーベル映画のユニバースがクロスオーバーすることとなった。予想通りとは言っても実際に実現してしまうと興奮を抑えられないものだ。

今回のポストクレジットシーンには2つの意味があるように思えるので1つ1つ見ていこう。

まずヴェノムがエディに言った「過去を持っている」や「800億光年のハイブ(集合精神体)の知識はお前の小さな小さな脳を爆発させる」と謎の言葉。
おそらくこれは次なる『ヴェノム』の映画の展開を示唆するものなのではないかと思われる。具体的にどのようなことを示しているのかはわからないが、もし『ヴェノム3』が製作されるとしたら、シンビオートの出自に関わる内容が描かれるのではないかと予想することができる。

そしてもう一つがMCU世界とのクロスオーバーだ。
これについてはもう言うまでもないだろうが、ついにトム・ホランド演じるスパイダーマンとヴェノムが共演(対決?)することになるのだ。
実写映画での2人の共演は実に『スパイダーマン3』以来だ。ただしソロ映画も成功した2人のキャラクターが共演するということで、当時とは全く意味合いも違ってくるだろう。

シーンを見る限りは何かしらの原因によってエディとヴェノムが別ユニバースであるMCU世界に飛ばされてしまったようだが、なぜそのようなことが起きたのだろうか?

そのヒントとなるのが部屋が鳴り響いた際にあったオレンジ色の光だろう。
これはおそらくドクターストレンジの魔術を表していることが予想される。

ご存知の通り『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』ではドクターストレンジがピーター・パーカーの頼みを聞き、周囲の人物からピーター・パーカー=スパイダーマンである記憶を消す魔術を失敗したことで、マルチバースが交わる大事件が起こってしまう。

おそらくエディとヴェノムがいたユニバースもドクターストレンジの魔術ミスに巻き込まれたユニバースのひとつということになるのだろう。

そこで少し疑問なのは時系列だ。
2人が見た映像から察するに、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』で正体を暴露された瞬間に飛ばされたとみることができる。ただその時点ではまだピーターはストレンジに依頼をしていないため、マルチバース化現象も起きてはいないはずだ。

またヴェノムがすでにスパイダーマンを知っているようなそぶりを見せたのも謎だろう。これはひょっとするとハイブが持っている知識のなかにスパイダーマンに関するものがあったのだろうか?

いずれにしてもついにヴェノムとスパイダーマンの共演をもう一度スクリーンで見ることができるのはファンとしても嬉しい限りだ。

ちなみにトム・ホランドは自身のインスタグラムのストーリーにて、「噂が本当だった?」と絵文字付きで共有をしている(トムホよ、よくネタバレせずに頑張ってくれた!)。

Tom Holland Teases Rumored Spider-Man and Venom Crossover

ソニー・ピクチャーズ、マーベル・スタジオの2つの映画スタジオが展開する映画がどのようにクロスオーバーしていくのか楽しみにしておこう。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は2021年12月3日に日本公開予定だ。

関連記事を読む