『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』2021年12月3日に日本公開へ ー ネタバレ回避の日々到来

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

米国にて10月より公開を控えているソニー・ピクチャーズの最新マーベル映画『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』の日本公開日が、2021年12月3日になることが公式に明らかにされた。

長い間2021年公開とのみアナウンスされていただけに、待望の公開日発表となったが、これは米国の10月1日からはなんと2か月も遅い公開日となってしまった。

どういった理由でこの公開日に設定されているのかはわからないが、すでに海外で試写を行った人々からのネタバレなども出回り始めている。
10月になれば一層ネタバレも増えることが予想されるため、ツイッターはもちろん、インスタグラムや、Youtubeのサムネイルなどにも気を付けなければいけない日々が続きそうだ。

一方で12月にはMCUシリーズの『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』が17日に公開を控えているため、関係があると長い間噂されている2つの作品が何かしらの繋がりがあるのならば、本国とは違った楽しみ方ができるかもしれない。

いずれにしてもネタバレを回避し続ける日々を日本のファンは強いられることになったので、12月3日の『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』公開日まで耐え凌ぎましょう。

関連記事を読む

コメントをする