『ヴェノム』続編のアンディ・サーキス監督、MCUスパイダーマンとのつながりを示唆 ー 新聞には「アベンジャーズ」の文字?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

ついに予告編が解禁された『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』。待望の続編でありながら、今後MCUシリーズとの接続がどうなっていくのかについても注目を集めている映画となっている。

そんな今作でメガホンをとるアンディ・サーキス監督は、映画がMCUスパイダーマンと繋がっていることを示唆するコメントをした。

「彼らは気づいていない」

海外メディアのインタビューに答えた『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』のアンディ・サーキス監督は、今作がMCUシリーズのスパイダーマン世界と繋がっていることについて言及をした。

『明らかにマーベルユニバースのヴェノムとスパイダーマンの物語の間にはリンクがありますが、基本的に彼ら自身の世界として扱っています。ヴェノムの物語は彼自身の世界です。(中略)全体としてキャラクターたちはスパイダーマンに気づいていません。

今回の予告編には『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』にも編集長のJ・ジョナ・ジェイムソンが登場したデイリー・ビューグルの新聞が確認されており、このことから2つの映画の世界が同じものであることが匂わされた。

また一瞬映る新聞の文字には「AVENGERS」のような文字が確認されており、そちらにも非常に話題に挙がっている。
スパイダーマンに気づいていなくても、MCU世界では超有名なヒーローチームのアベンジャーズが気づかれていないということはありえないと思われるため、やはり繋がりには注目はしていきたい。

ファンとしてもスパイダーマンとヴェノム、2つの人気キャラクターが共演しないわけないはいかない思いがあるため、ぜひともスクリーンでクロスオーバーしてほしいところだ。

『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』は2021年9月28日に全米公開予定だ。

関連記事を読む

  1. ゆとぴ より:

    言い方考えろー

コメントをする