『ファルコン&ウィンターソルジャー』U.Sエージェント役俳優、キャラの性格をコメント ー 「正しくありたいと思ってる」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi)です。

第1話から大きな話題を呼んでいるDisney+ (ディズニープラス)のマーベルドラマ『ファルコン&ウィンターソルジャー』
今回は以前からも登場が確認されていたワイアット・ラッセルが演じるU.Sエージェントと呼ばれる新しいキャプテンアメリカが現れている。

彼についてはまだ深く知られてはいないのだが、今回俳優本人がどういったキャラクターなのかについてコメントをした。

「自身の能力と道徳と常に対立」

『ファルコン&ウィンターソルジャー』でU.Sエージェントを演じているワイアット・ラッセルはUSAトゥデイのインタビューに答え、キャラクターがどのような性質を持っているのかについて回答を示した。

Spoilers! Marvel’s new Captain America talks ‘Falcon and the Winter Soldier’ role

『このような道徳的なスーパーヒーローを世界に登場させるという点では、ほかのMCUキャラが抱えているようなジレンマを彼も抱えている。彼はキャプテンアメリカとしてこの役割に突き動かされており、彼はそれを自分のやり方で行うつもりであり、彼は正しくやりたいと思っています。しかし、彼のやり方は軍人として訓練された非常に現実的な方法です。つまり彼は海兵隊でした。彼はスティーブ・ロジャースではありません。同じ人間ではありません。』

初代キャプテンアメリカのスティーブ・ロジャースと比較しながら、劇中でのU.Sエージェントは普通の人間として訓練された人物であり、自身のやり方を通しながらキャプテンアメリカの役割をこなしていこうとしている、そういったキャラクターであるとのことだ。

彼を突き動かす行動原理が純粋な正義によるものなのかはわからないが、少なくともMCUに登場するヒーローたちのように多くの悩みを抱えていることはよくわかる。

『リアルな要素がドラマには常にあります。誰かが彼を常に必要としているが、いつもきれいな状態でいるとは限りません。彼らは常に自身と対立しているので、演じるのは楽しいです。彼は自分自身の能力と道徳心と対立しています。何が正しいかはわかっているが勝ちたいと思って戦っている。』

スティーブ・ロジャースとは異なる能力と立ち位置に立たされているU.Sエージェントは、大きすぎるキャプテンアメリカという役割をどのようにして実行しようとしているのかを、このインタビューからでもよく知ることができた。

『ファルコン&ウィンターソルジャー』では誰が盾を受け継いで、正式に2代目キャプテンアメリカになるかについて掘り下げられていくストーリーとなっている。

今作はDisney+ (ディズニープラス)で毎週金曜日に独占配信中だ。

関連記事を読む

コメントをする