イギリス政府、ドラマ・映画撮影再開を許可へ ー 『ドクターストレンジMoM』『ザ・バットマン』も再開か

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

新型コロナウイルスの影響でロックダウンを行っていたイギリス政府は、今後安全対策が講じられ次第、テレビや映画などの製作を許可する決定を下したと、海外メディアのDeadlineが報じている。

UK Government Says TV & Film Shoots Can Resume Once Producers Put Safety Plans In Place

記事ではソーシャル・ディスタンス(社会的距離)や体温チェックも必要な項目に入っているとしている。

これにより3月までイギリスで撮影をしていたDCコミックス映画『ザ・バットマン』や、のちに撮影を予定していたMCU映画『ドクターストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス』の撮影も行うことができると推測される。そのほかマーベル作品では『アントマン3』やドラマ『ムーンナイト』もイギリスで撮影が行われるといわれている。

先日にはチェコ・プラハのロックダウンも緩和され、ドラマや映画の撮影ができるようになったため、『ファルコン&ウィンターソルジャー』の撮影も再開されると伝えられていた。

しかしイギリス国内では政府のロックダウン緩和に対して慎重論もあるとしており、今後の動向や感染状況によっては変更される可能性がある。
ワーナーブラザースやマーベル・スタジオも映画公開スケジュールを大きく後ろ倒しにしているため、今から無理に再開させなくても問題はないと考えられる。

また撮影再開に関する新しい情報が入り次第お知らせいたします。

関連記事を読む

コメントをする