『トロン3』、ジャレッド・レト主演で製作決定! - 意味深ツイートでタイトルも判明か?

この記事を書いた人

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

twitter:@frc_watashi

instagram:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi )です。

独自の世界観とエレクトロニクスのライトアップが特徴的な『トロン:レガシー』の続編がついに指導したことが明らかになった。

‘Lion’ Director Garth Davis To Direct Disney’s New ‘Tron’ Movie With Jared Leto

海外メディアのDeadlineによると、『トロン3(仮)』では、『スーサイド・スクワッド』などにも出演したアカデミー賞俳優のジャレッド・レトが主演をする予定で、監督には『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』ガース・デイヴィス氏がメガホンをとるとのこと。

2015年に一度続編計画が断念されていたが、再び実現へと動き出す形となった。

これに合わせてジャレッド・レトもツイッターでコメントをしている。

『幼いころに映画とゲームに深く影響されてきたため、この映画に命を吹き込む機会が与えられたことに感謝しています。私がこの新しい章に加わったという事実は驚くべきことです。
私は「トロン」に出演することに”YES”と答えられることにとても興奮し、誇りに感じています。皆さんが愛せる映画を作るためにできる限りの最善を尽くします。皆さんのためにいくつかの非常に特別なアイディアを持っています。』

脚本には『グロムバーグ家の人々』のジェシー・ウィグドウが執筆している。現状ではディズニー社での審査中であり正式決定はしていないという。

ちなみにジャレッド・レトは公式発表の前に、『トロン3(仮)』のタイトルとみられるツイートをしており、そののち削除をしている。

『トロン;アレス』と書かれたこのツイート。アレスとはギリシャ神話に登場する戦いの神を指しているのだろうか?
レトはこのツイートを削除しているが、少し早すぎた情報解禁になってしまったのだろうか?

『トロン3(仮)』に関する新しい情報が入り次第お知らせいたします。

ゆとぴのひとこと

『トロン』は上海ディズニーにバイクに乗れるアトラクションもあり、じわりじわりと人気や知名度がアップしてきたのかもしれませんね。
@frc_watashi

関連記事を読む

コメントをする