トニー・スターク/アイアンマンが『ブラックウィドウ』に再登場の可能性 - RDJの新規映像はあるか?

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

ツイッター:@frc_watashi_ame

インスタグラム:@yutopipi_frc

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ( @frc_watashi_ame )です。

MCUフェイズ4の最初の作品として2020年に公開が予定されているスカーレット・ヨハンソン主演の『ブラックウィドウ』。時系列としては2016年公開の『シビルウォー/キャプテンアメリカ』と2018年『アベンジャーズ/インフィニティウォー』の間の出来事を描きます。

そんな今作に最近、ロバート・ダウニーJr.演じるトニー・スターク/アイアンマンが再登場すると海外メディアが報じています。

未公開シーンを使用する可能性も

海外メディアのDeadlineはアメリカで行われた優れたSF・ホラー・ファンタジーの映像作品に贈られるサターン賞で『アベンジャーズ/エンドゲーム』が大賞に受賞したことを報じています。そこに付け加える形でロバート・ダウニ^Jr.のトニー・スタークが『ブラックウィドウ』に再登場することを伝えています。

Saturn Awards: ‘Spider-Man’ Star Tom Holland Wins For Third Year In A Row

それ以上の詳細は明かされておらず、情報の出どころも不明。

『ブラックウィドウ』が『アベンジャーズ/エンドゲーム』よりも前の時系列であることを考えると、トニー・スタークが登場しても違和感はありません(ブラックウィドウ自身も『エンドゲーム』で死亡している)。

今回の情報で注意したいのは、Deadlineは以前に『エターナルズ』へ『ストレンジャー・シングス』や『ゴジラ キング・オブ
・モンスターズ』のミリー・ボビー・ブラウンが出演すると報じていましたが、その後ミリー自身によって否定されるという誤報を流しています。
そういったところから今回の情報も信憑性に問題があることは各所で言及されています。

今回の情報が事実であれば、ロバート・ダウニーJr.は新規映像を『ブラックウィドウ』のために撮影することになるのかどうかが気になりますね。

しかしカメオ出演レベルだとしたら『シビルウォー/キャプテンアメリカ』などの未公開シーンを使用する可能性も考えられます。『エンドゲーム』でもジェーン・フォスターを演じたナタリー・ポートマンのシーンは、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』の未公開シーンを使用していました。

果たして再びスクリーンでトニー・スタークの活躍を見ることができるのでしょうか?今後の情報に注目です。『ブラックウィドウ』は2020年5月1日に全米公開予定です。

今回の記事どう思う?
シェアしてみよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です