トム・ホランド、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』出演の歴代スパイディ俳優共演に言及 ー 「最も素晴らしい経験」

この記事を書いた人

ゆとぴ

ゆとぴ

「FRC」の管理人をしているゆとぴです。特撮、アメコミ関連が趣味です。

Twitter:@frc_watashi_ame

Youtube:ゆとぴのトイハコ

Instagram:@frc_hero

いつもご覧いただきありがとうございます。ゆとぴ(@frc_watashi_ame)です。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

MCUシリーズとして予想通りの大ヒットを飛ばしている映画『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』
今作はスパイダーマンシリーズの集大成とも言うべき作品となっており、多くのファンが楽しめる一作となっている。

そんな今作にて夢の共演を果たした俳優に主演のトム・ホランドが初めて口を開いた。

※この記事には『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のネタバレが含まれています。苦手な方はご注意ください。

海外メディアのハリウッド・レポーターのインタビューに答えたトム・ホランドは映画で共演した共にピーター・パーカー/スパイダーマンを演じたトビー・マグワイアとアンドリュー・ガーフィールドについて共演した当時のことを振り返ってくれた。

『誰もがそれを見たいまなら、映画について話し始めてもいいでしょう!全部が秘密だったので、私が話していない話がたくさんあります。アンドリュー・ガーフィールドとトビー・マグワイアと私が仕事をした中でも最も素晴らしい経験の1つでした。大スクリーンでスパイダーマンを演じたのは私たち3人だけで、これがこの兄弟関係のようなものを生み出しています。』

ネタバレ王子ことトム・ホランドがようやく今作の最大のサプライズを口にした瞬間でもある。
映画でスパイダーマンを演じた3人の俳優が揃うことはファンならば一度は妄想したことではあるが、まさかそれが実現するとは思いもしなかったことだ。それは主演をしているトム・ホランドも同じ気持ちで、素晴らしい経験だったと感想を述べている。

またそれぞれの俳優についてもマーベル公式のインタビューのなかで言及をしている。

アンドリュー・ガーフィールドはとても素敵な男です。この映画はスパイダーマンと彼が和解することができるものだったと思います。彼と一緒に仕事をすることはとても光栄でした。今作が彼にとってとても大きな意味を持っていたことを私は知っています。』
トビー・マグワイアは最高の男です。彼が戻ってきたことは本当に興奮しました。』

映画のなかで比較的長い時間の共演を果たしており、ほんの数分の出演やいいとこ取りのような出演になっていないところも評価できるポイントだろう。MCU世界のピーターにとっては、別世界のピーター・パーカーも成長には欠かすことはできないキャラクターであったことは間違いないだろう。

ちなみに水を差すようだが、実写映画のスパイダーマンは東映版シリーズにも存在しているので、実際のところは3人以上いたりもする。

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』は2022年1月7日より日本でも劇場公開中だ。

【2022年最新版】MCUシリーズを全解説!映画もドラマも!

MCU/マーベル映画2022年最新版を順番に紹介!映画&ドラマも網羅!【全51作品】

関連記事を読む

コメントをする

誹謗中傷・煽り・未公開作品のネタバレなどは投稿禁止です。